Pocket

オルニチンとタウリンですが、この2つは、どちらも、肝臓に良いアミノ酸です。
それで、まず、アミノ酸ということですが、私たちの身体は、ズバリ!、アミノ酸で出来ているのです。

そして、アミノ酸という成分は、たくさんの種類があって、いろんな働き方をしています。
よって、生命活動はアミノ酸によって、行われていると言うことになります。

そのアミノ酸の中で肝臓に関係するのは、オルニチンです。
また、肝臓に良いと言われている、しじみ汁には、オルニチンが比較的多く含まれています。

スタミナドリンクそして、タウリンですが・・
テレビCMでリポビタンDという栄養ドリンクの印象が強いせいか、元気が出るイメージがありますね。

タウリン1000mg配合!!とか・・・

元気一発!というCMです。
この、CMでは、滋養強壮は、タウリンの力だと意味づけているようです。

今回は、肝臓に良い、オルニチンとタウリンのことと、オルニチンとタウリン、どっちも含まれている「レバリズムL」をレポートしました。

オルニチンと肝臓

しじみエキス私たちの身体の中には、アミノ酸が日夜働いていますが、遊離アミノ酸と言って、ちょっと変わったアミノ酸が存在しています。

オルニチンは、その、遊離アミノ酸なんです。
普通、アミノ酸はタンパク質を構成していますが、遊離アミノ酸は、タンパク質と結びつかないで単独で働いています。

これが、遊離アミノ酸と言います。
また、オルニチン以外にシトルリンも同じ遊離アミノ酸なのです。

それで、オルニチンは、私たちの肝臓に多く存在していて、オルニチン回路を巡回します。
そして、肝臓の第一の機能である、解毒や代謝を行っています。

これは、お酒の飲み過ぎや暴食などをすれば、身体にダメージを与えます。
その、ダメージを与えないように肝臓がお酒のアルコール解毒をしたりして、健康を保たせる働きをしているのです。

これによって、昨日の酔いをリセットすることになるので、今日も元気に活動出来るということになります。
元気な青年
このように、オルニチンは肝臓に良いということですが、もし、肝臓が弱っていたらどうでしょう。

肝臓の解毒が不十分になる・・・つまり、お酒の飲み過ぎが翌日になっても、二日酔いが続きます。

肝臓が正常に働くことが出来ないので、疲れがとれない、顔色が良くない・・やる気が出ないなど、体の至る所への悪影響が出る結果となります。

その悪影響が慢性化すると、肝臓に脂肪がつく、脂肪肝、肝臓が炎症を起こす、肝炎、そして、肝硬変にまで発展することがあります。

そこで、しじみに含まれている、オルニチンのパワーが、肝機能の解毒や代謝をサポートをするということです。

実際、しじみエキスを飲み続けた方を対象に肝機能検査を行った結果、γ-GTP(ガンマジーティーピー)の数値が改善されたという報告もあります。

これについては、「オルニチン研究会の研究15 オルニチンの肝機能改善効果の検証」をご覧ください。

肝機能とタウリン

牡蠣エキス次に、肝機能にタウリンはどのような働きをしているのか?
・・と言うことですが、タウリンは肝細胞を再生させる頼もしい存在なのです。

そして、タウリンが多く含まれている食べものは、牡蠣が多く含まれています。
牡蠣は100gあたりに約1130mgも含まれていると言うことです。

それで、タウリンは肝細胞を再生させると言いましたが、肝臓は、もともと、再生する力が強い臓器です。

・・と言っても、解毒を行っている都合上、無茶なアルコール摂取や暴食が続くと、やはり、肝細胞が弱ります。

これをタウリンの働きで肝細胞の再生力を助けるということです。
そして、コレステロールの改善です。

肝臓の働き

これは、まず、肝臓で作られている消化酵素を含まない消化液のことを胆汁といいます。
その、胆汁の成分である胆汁酸がコレステロールの分泌を促す働きをしています。

これを、タウリンがより、胆汁酸の分泌を増やすことを促進させるので、血中のコレステロール値を下げる効果をもたらします。

また、タウリンは、糖尿病の予防となる、血糖値のコントロールもします。

血糖値のコントロールは、インスリンですが、この、インスリンの分泌を促進する作用がタウリンにあります。

更に、高血圧にも良い結果をもたらします。

血液検査イラストタウリンは交感神経を抑制することによって、血圧を抑えます。
これは、交感神経が刺激を受けると、血管が収縮するので、血圧が上昇します。

また、血圧の高い方には塩分が関係しています。
その塩分は腎臓が作用して、取り除いていますが、この、腎臓の塩分を取り除くことによって、血液量を増やします。

これによって、血圧上昇を抑制しているのです。
何れも、交感神経によるものですが、タウリンはこの、交感神経を抑制することによって、血管に及ぼす血圧上昇を防いでいるのです。

もちろん、高血圧の方は、常に塩分を控えることや、適度な運動をする、そして、ストレスを溜めないなどを心がけることが必要です。

レバリズムLはオルニチンとタウリンを兼ね備えている

レバリズムの肝壁な素材

肝機能強化におすすめするのが、レバリズムLです。
理由は、オルニチンとタウリンを兼ね備えているからです。

でも、ただ、それだけではなく、レバリズムLは、素材にこだわったサプリメントということもおすすめの理由です。

何でも、そうだと思いますが、いいものを使わないと、いいものが生まれないのです。

これは、レバリズムLの公式通販サイトをご覧になると分かると思いますが、とにかく素材にこだわっています。

レバリズムそして、肝臓を強化するには、これが必要だという3つの素材を選んでいることが、的に合っているのです。

オルニチンの素材は、静岡県のしじみを使い、牡蠣は、岡山県産のものを使っています。

そして、深海鮫の肝油に含まれている、千葉県産のスクワレンも配合されています。

これらの、3つの素材のバランスを整えてカプセルに入っているので、1日、3粒飲むだけで安心です。

肝臓は、解毒や代謝だけではなく、腎臓や脳など、多くの臓器や器官に関係性があります。
よって、オルニチンだけではなく、タウリン、亜鉛、スクワレンなど、総合的に作用することが、より、効果をもたらすことになります。

↓レバリズムLの公式サイトで詳細を見る↓

↓レバリズムLについて、詳しくは当サイトの下記ページもご覧ください。↓

レバリズムLのサプリメント効果

レバリズムLで肝機能を強化

レバリズムL の購入の前に成分の効果を知る

Pocket