Pocket

検診結果を聞く女性

肝臓が悪くなっても、痛みを感じたりしないので、自分が肝臓疾患だなんて分からないのが普通です。

でも、健康診断など、健診結果を受け取って、数値が高いことにショックを受けます。

そして、再検査のオファーが来たりして、自分のカラダは深刻な問題になっていることに気づきます。

そこで、今、肝機能数値を撲滅しなければ、このまま放置していると、大変なことになってしまうことは予想出来ますね。

今のうちに肝機能の改善をしなければ、肝炎や肝硬変に発展する可能性を秘めていると言うことです。
と言っても、医者からのアドバイスは、食事の改善と運動をしっかりと行うことだと言われるだけです。

このような状態であれば、医者の言うとおりのことを実行すれば、健康を取り戻すことは可能です。
そこで、サプリメントが食事の改善の手助けをします。

つまり、肝機能数値を正常化させるには、レバリズムLがおすすめです。
では、なぜ、レバリズムなのか?

これについて、肝機能数値の撲滅を含めてレポートしてゆきたいと思います。

お酒の飲み過ぎがγ-GTPの数値を高くする。

お酒の飲み過ぎの男性

肝臓が悪くなる原因はさまざまですが、いちばん多いのは、お酒の飲み過ぎですね。

お酒を多く飲むと、肝臓を悪くするばかりか、脂肪が肝臓に溜まる脂肪肝になります。

この脂肪肝が原因で肝炎や糖尿病に進行することは良く言われていることです。

そして、検診での血液検査の結果をみると、γ-GTP項目が高い数値になっていたら、ほぼ、お酒の飲み過ぎが肝細胞の破壊につながって、それが、血液に漏れだして数値を高くしているということです。

このような数値が高いということは、すぐにも数値撲滅を決心して行動することをおすすめします。

レバリズムの肝機能数値回復効果

レバリズムの数値バナー

レバリズムは数値撲滅を目的として作られた肝臓サプリです。

お酒が原因で肝機能を悪くすると、γ-GTPという数値が高くなりますが、ALT(GPT) 、AST(GOT) の数値も異常数値になる場合があります。

お酒・・つまり、アルコールを摂取すると、肝臓で処理されますが、アルコールを代謝・分解して解毒する時に肝細胞は少なからずダメージを受けます。

・・と言っても、肝細胞は再生能力が高いので、アルコール処理が終わると正常な状態に回復します。
ただ、アルコール摂取量が多いと、どうなるのでしょう?

当然、肝細胞は回復できす、破壊してしまいます。
これが、先ほど述べたように、血液に流れ込んで、γ-GTPの数値を高くするのです。

ここで、レバリズムの働きになります。
レバリズムは、しじみと牡蠣、そして、スクワレンという素材から抽出したエキスで構成されています。

お酒の飲み過ぎ・・つまり、アルコール過剰による肝機能の低下は、肝細胞の機能低下が原因ですが、レバリズムは、その肝細胞の活発化に働きかけるのです。

その作用は、しじみに含まれている、オルニチン、そして、牡蠣に含まれているタウリン、亜鉛です。

オルニチンは、既にご存知だと思いますが、オルニチンサイクルと言って、代謝回路をもっていますが、お酒などのアルコールを分解するアルコール脱水素酵素やアセトアルデヒドを分解する、アセトアルデヒド脱水素酵素にも活性化を促す働きをします。

これによって、肝細胞の早期回復につながり肝機能強化に期待出来るのです。

スクワレンがビルルビン数値を正常化

黄疸を見つけた女性

肝臓が悪くなっても自覚症状は、ほとんどありませんが、黄疸(おうだん)が現れることがあります。
黄疸は、「肝臓が悪いですよ」というサインです。

黄疸になるということは、血液中のビルルビンが増加して、それが、皮膚や目の白目を黄色くします。
これは、ビルルビンは、古くなった赤血球が破壊させる時に現れる色素のことを言います。

肝臓が悪くなると胆汁の流れが滞り、それが、血液に流れ出します。
そして、ビルルビンの数値に反映するということです。

レバリズムがおすすめなのは、この、ビルルビン数値の正常化をめざすからです。

と言っても、レバリズムはサプリメントなので、飲んだからと言って、ビルルビン数値にすぐに反映するものでありません。

あくまで、不足しがちな栄養を補う健康食品です。

それで、なぜ、レバリズムがビルルビン数値に働きかけることが出来るのか?・・・ですが・・

スクワレンがその働きをするのです。
レバリズムには、スクワレンが含まれています。

酸素を運ぶスクワレン

スクワレンは、深海鮫の肝油を抽出したもので、酸素を運ぶ働きをします。

私たちは、酸素がなければ酸欠になって機能が停止してしまいます。

それほど、重要な酸素を全身へ運搬するのが、スクワレンです。

それで、スクワレンがビルルビンにどう働くのかということですが、実は、赤血球の、ヘモグロビンという物質も酸素を各臓器や器官など、くまなく全身に運んでいるのです。

つまり、ビルルビンはヘモグロビンから作られたものなのです。

そこで、スクワレンとの関係ですが、同じ働きをすることから、ヘモグロビンに変わってスクワレンが助ける役目をするということです。

これによって、肝臓を始めとする臓器に酸素を供給することができるので、カラダ全ての細胞を活性化出来るのです。

これが、レバリズムに含まれているスクワレン効果ですが、スクワレンは他の肝臓サプリに含まれていない素材成分なのです。

お酒の飲み過ぎが肝臓を悪くする過程

お酒を慢性的に飲み続けると下記のように進行します。
もちろん、下記は、肝臓だけを表していますが、血圧や血糖値も異常数値になるので、他の臓器の病気も併発する可能性があります。

お酒の飲み過ぎ  →  脂肪肝になる → 肝炎  → 肝硬変 → 肝がん

レバリズムLの成分の働き

1)しじみ  オルニチン アルコール・アンモニア分解、肝臓の解毒作用をサポート
 9種類の必須アミノ酸  ロイシン、イソロイシン、トリプトファン、スレオニン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、メチオニン、リジン
 2)牡蠣  タウリン 肝細胞の修復、胆汁酸の分泌強化、中性脂肪の排出、アルコール・アンモニア分解
 亜鉛 新陳代謝のアップ、細胞分裂・免疫力強化、精力強化、抗酸化作用、アンモニア分解、肝臓の解毒作用をサポート
3)深海鮫  スクワレン 酸素を肝臓へ供給して、新陳代謝をアップして免疫力を高める、血液をサラサラ作用
L-シスチン  肝臓の解毒に必要なグルタチオンを作るアミノ酸で、メラニンの生成を抑制して美肌効果
豊富なビタミン類 ビタミンBは脂肪をエネルギー変換したり、ビタミンEの働きで細胞の損傷を防いで老化の進行を抑制する

上記、レバリズムLの成分の働きですが、これらの働きは代表的なものだけをピックアップしました。

 

レバリズムLが選ばれる理由

レバリズムの3つの成分

レバリズムLが選ばれる理由は、しじみと牡蠣、スクワレンが含まれていることと、素材の質が優れていることです。
肝機能強化と言えば、しじみと牡蠣が最強成分です。

この2つの素材が入っていることで、弱った肝臓を強くします。
レバリズムの原料のしじみや牡蠣は、海外産のものを使わず、国内の有名産地から、それも、栄養たっぷりのA級品を使用しています。

そして、製法も栄養分を余すことの無い、独自製法で作っているのです。
この、素材重視が効果に値するということです。

それから、ウコンも肝臓に良いと言われていますが、肝機能が衰えている状態で、ウコンを摂取すると、肝機能を働かせる強い作用があるので、数値撲滅には向いていません。

ウコンはあくまで、健康な方がお酒を飲む前に飲んで二日酔いを解消するものです。
では、次に、基本情報ということで、肝機能数値についてお話ししますね。

気になる肝機能数値

健康診断や肝機能検査での主な3項目は、1)ALT(GPT) 、2)AST(GOT) 、3)γ-GTPがあり、特定健診と呼ばれています。

これは、40歳以上を対象にメタボリックシンドロームに着目した検査です。
そして、その他に、たくさんの項目がありますが、ビルルビンとALPの数値も重要ですね。

おおよそ、この3項目+2項目が基準値以内であれば問題無いと判断出来ますが、高い数値になっている場合は対処しなければなりません。

特定健診での基準値

ALT(GPT) AST(GOT) γ-GTP
基準値 30 IU/L以下 30 IU/L以下 50 IU/L以下

 

その他の基準値

総ビルルビン ALP
基準値 0.2~1.2 mg/dL 00~325 IU/L

このような、基準数値があり、それ以下であれば問題ありません。

肝臓サプリの役目

食事と運動

肝機能の高い異常数値を下げるには、医者からのアドバイスを頂いた、食事の改善と運動ですが、サプリメントは食事の改善に働きます。

つまり、今までの食事の量や種類、食事時間などが良くない習慣だったので、それが積み重なって今の自分の数値をもたらしていると言うことになります。

それを、食事で改善するということですが、結構手強いというか、難しいです。
では、なぜ、難しいのかと言うと・・

  1. 今まで、長い年月を掛けて食事習慣を続けていたから
  2. 食事の改善をするには、かなり強い決心が必要
  3. 食事の改善といっても、長期に渡るので途中でギブアップ・・長続きしない。

主に、このようなことですが、肝臓サプリを飲めば、食事の改善は必要無いとは言えません。
食事改善の意識は常に持つことが必要です。

でも、肝臓サプリは数値を正常化させる成分が含まれているので期待出来ます。

但し、サプリメントは、医薬品ではないので、治す効果ではなく、改善に向けての栄養を補うという性質のものです。
よって、長期に渡って飲み続けることが必要です。

肝障害がなぜ血液検査で分かる?

血液検査風景

肝臓は血液を調べることで、簡単に正常か異常かがわかります。

それは、肝臓内の肝細胞や胆管細胞と血管は接しているからです。

よって、肝細胞や胆管細胞に異常があると、すぐに血液に流れだしてしまうのです。

したがって、血液検査を受けると、肝臓の健康状態が分かると言うことなので、こまめに検査を受けることをおすすめします。

それで、肝機能数値で気になるのは、先ほどの特定健診での、ALT(GPT) 、AST(GOT) 、γ-GTPですね。
まず、ALT(GPT) とAST(GOT)からレポートしますね。

ALT(GPT) とAST(GOT) の数値が高い

ALT(GPT) は肝細胞に存在していて、AST(GOT) は、肝細胞の他、心臓など各臓器に存在します。

ところが、アルコールやウイルスなどの影響で肝細胞が破壊されると、血管に流れだすということです。

その、血液に流れだした量を数値で表します。

この、ALT(GPT) とAST(GOT)が高い数値になると、アルコール性肝障害、非アルコール性脂肪肝炎、肝硬変、ウイルス肝炎の疑いがあります。

γ-GTPの数値が高い

γ-GTPは肝臓や腎臓で作られ、タンパク質を分解したり合成する働きを持っています。

そこで、過剰なアルコール摂取や何らかの薬の影響で、γ-GTPが過剰に作られると血液に流れ出します。
また、胆汁の流れが悪くなったり、胆管細胞が破壊されると、γ-GTPが血液へ流れ出します。

これによっての、数値異常の疾患は、アルコール性肝障害や胆汁うっ滞、原発性胆汁性肝硬変、胆石、胆道閉塞などが考えられます。

ビルルビンの数値が高い

ビリルビンは、古くなった赤血球が壊される時に生成させる黄色い色素です。

ビリルビンは、肝臓へ運ばれて処理され、胆汁と共に捨てられます。
肝臓が悪くなり、胆汁の流れが悪くなると胆汁から血液に流れ出します。

その他、赤血球が過剰に破壊されたり、その他の疾患でも、ビリルビンは血液に流れます。
ビリルビンは健診や肝機能検査でビリルビン数値として高くなりますが、主な疾患は、胆汁うっ滞や肝硬変の疑いが考えられます。

もちろん、その他の原因では、胆石や胆道閉鎖などでも基準値を超える場合があります。

黄疸(おうだん)については下記をご覧下さい。

肝臓が悪くなると、こんな症状が出る!

ALPの数値が高い

ALPはリン酸化合物を分解しています。
リン酸化合物とは、乳製品やレバーなどに含まれているもので、毛細胆管や胆汁の中にあります。
しかし、肝障害や胆汁の流れが悪くなると、ALPが胆汁から血液に流れ出します。そして、ALPは、肝臓や心臓、腎臓だけではなく骨でも作られるので、骨の病気でも、異常数値になる場合があります。
これらの疾患は、胆汁うっ滞、薬物性肝障害、原発性胆汁性肝硬変、胆石、骨の疾患、胆道閉塞などです。

肝機能の改善をめざす

休肝日

肝機能の改善は、ALT(GPT) 、AST(GOT) 、γ-GTP、ビルルビン、ALPの数値を下げて正常化を目指しますが、まず、ALT(GPT) 、AST(GOT) そして、γ-GTPの数値異常は、おおむね、アルコールの多量摂取が考えられます。

また、お酒を飲まない、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は、食べ過ぎや偏食が原因のようです。
つまり、お酒と食べ過ぎ原因です。

これらは、レバリズムLで数値撲滅を目指しますが、それと併行して、食事の改善と運動を心がけることが必要です。

もちろん、ストレスや睡眠も肝臓に悪い影響を与えるので、これらについても注意する必要があります。

↓レバリズムLの購入はこちらから↓

↓レバリズムL関連記事はこちら↓

レバリズム 口コミ

レバリズムLの成分 他社商品との違いは?

レバリズム 評判と効果について

オルニチンとタウリンで肝臓強化

レバリズムLのサプリメント効果

レバリズムLで肝機能を強化

レバリズムL の購入の前に成分の効果を知る

レバリズムL 最安値の販売店はどこ?

 

Pocket