Pocket

 

自分の肝臓が肥大化していると心配している女性

肝機能障害と言えば脂肪肝だと言われるぐらい、肝臓疾患の代名詞のようになっています。

推定3000万人と言われているので、かなり多くの人が脂肪肝になってるということですね。

そして、原因はと言うと、生活習慣の乱れです。
つまり、脂肪肝は生活習慣病で、もっとも多い病気の1つなのです。

 

そして、肝臓に脂肪が過剰にたまっている状態のことを脂肪肝といいますが、肝臓がぽっこりと肥満状態になっているということです。

 

これは、主に、食べ過ぎや飲み過ぎで、摂取カロリーオーバーが原因ですが、レバリズムLという肝臓サプリが肝機能に働きかけることによって、脂肪肝をサポートするということです。

 

と言っても、レバリズムLはサプリメントなので薬のような、 症状を抑える効果はありません。

あくまで、サプリメントは食事の補助役という働きをします。

よって、脂肪肝のような生活習慣を対策するという働きには最も効果的だということです。

脂肪肝になると何が怖い

 

脂肪肝が進行するのを気にしている男性

肝臓に脂肪がたまる脂肪肝ですが、なんとなく怖い気がしますね。

それは、肝臓が病気になる原因の多くは、脂肪肝から始まるからです。

つまり・・・

 

脂肪肝 → 肝炎 → 肝硬変 → 肝がん

 

という経路を辿ります。

そして、脂肪肝になる原因の多くは、先ほど述べたように、お酒の飲みすぎや、食べ過ぎ、そして運動不足です。

 

だから、まず、脂肪肝になる前に、飲みすぎ、食べ過ぎ、運動不足にならないように注意しましょう。

ということですが、こんなことって、誰でも知っていますよね。

では、次にどのようにして肝臓に脂肪が溜まるのか?

その仕組みを説明しますね。

 

脂肪肝になる仕組み

食事からエネンルギーを作り出す図

私たちは食事で得た栄養をエネルギーに変換して活動しています。

その食事には脂質や糖質、タンパク質などを摂りいれているので、うまく原動力となって生活してゆくことができるのです。

そして、特に脂質や糖質はエネルギー源になるので、重要な栄養素です。

 

その仕組みは、食事で脂質や糖質を摂ると小腸で吸収されて、肝臓へ運ばれ、肝臓で脂肪酸に分解されます。

 

そして、エネルギーに変換されて原動力になるのですが、エネルギーが必要としない場合・・・つまり、運動をしないなど、エネルギーを使わない場合、中性脂肪になって、一旦肝臓へ蓄積されます。

 

そして、肝臓へ蓄積された、中性脂肪はエネルギーが必要になった時に取り出して利用されます。

つまり、 飢餓状態になったときなど、対策するように準備されているのです。

 

これで分かるように、運動などしない・・・つまり、エネルギーを使わないで、脂質や糖質を過剰に摂りすぎると、肝臓に脂肪が溜まるばかりで使われない状態になります。

これが、脂肪肝です。

 

 

その脂肪肝と呼ばれるには、肝細胞の30%以上、中性脂肪が占めている状態のことをいいます。

正常な肝臓が脂肪肝に変化する図

考えてみれば30%も中性脂肪が詰まった状態になるということは、単純に肝臓の70%だけしか機能しなくなるということです。

 

そうなると、次に肝臓が炎症を起こす可能性が現れるのです。

つまり、肝臓に脂肪が溜まる・・脂肪化して行くことになります。

 

そして、肝細胞を破壊することになって、炎症を起こします。

これが、肝炎ですが、さらに肝硬変に発展する前段階に突入するということです。

 

そして、最終的に肝がんに進行するという経路を辿ります。

 

そこで、肝炎になっていても、痛いなどの自覚症状がないことから暗黙状態で深刻な病気へ進んで行きます。

これって恐ろしいことだと思いませんか。

動脈硬化に発展する血管断面図

それと同時に、動脈硬化にも発展します。

それは、肝臓から血管を通じて各臓器や器官に向かって 栄養を含んだ血液を送り込んでいますが、中性脂肪で汚染されたドロドロの血液(血中中性脂肪)を送り込むことになるので、血管にダメージを与えてしまうのです。

 

そして、血管にポリープを作らせたりして、血管を硬くさせる・・・つまり、動脈硬化を引き起こすということです。

 

脂肪肝を放置していると、このように進行して行きますが、先ほど述べたように自覚症状が無い・・・つまり、症状が現れたときには深刻な状態になっていたということは普通にあります。

 

よって、検診などで、肝機能数値が基準値よりも高いことを知った時、すぐにでも対策をすることをおすすめします。

脂肪肝は可逆的な病気

スリムになった女性と肝臓

脂肪肝は可逆的だと言われています。
つまり、生活習慣を改めるなどして改善すると、健康を取り戻すことが可能なのです。

ということは、脂肪肝になってしまっても、生活習慣の改善をすれば、大丈夫と言うことですが、いざ何から取り組んでいけば良いのかということですね。

 

当然、考えられることは、糖質を含んだものや脂っこいものを控えて、野菜や魚などバランスのとれた食事に切り替える。

 

そして、適度な運動を継続的に行うと、体脂肪を燃焼させて脂肪肝を減らすことができるのです。

 

そして、運動すると、エネルギーを使います。

このエネルギーの元は肝臓に蓄積された脂肪ですが、運動でエネルギーを消費すると遊離脂肪酸として使われるのです 。

よって、脂肪肝が減るということになります。

さらに、運動を続けていくと善玉(HDL)コレステロールとアディポネクチンというホルモンを増加させることができるのです。

 

HDLコレステロールが増えるということは動脈硬化の予防になります。

そしてアディポネクチンというホルモンは、脂肪細胞から分泌され、インスリンの働きを高める効果があるので、糖尿病や動脈硬化の予防に威力を発揮します。

 

このように運動は脂肪肝対策として重要な役割をしますが、1日どれくらい運動すればいいのかということですが、 30分以上の有酸素運動を週に3日以上行うことによって脂肪肝対策になると言われています。

 

そこで、有酸素運動と言えば、ウォーキングですね。
ただ歩くだけということですが、速歩のウォーキングがおすすめです。

 

額に汗をかくぐらいで息切れのしない程度のウォーキングをすることによって脂肪肝対策になります。

食べる順番を変えることで脂肪肝対策になる

食事の仕方を改善した女性

食事をする順番は、野菜 → タンパク質 → 炭水化物といった食べ方をします。
この順番で食べると、食後、急激な血糖値の上昇を穏やかにすることが出来るのです。

この急激な血糖値の上昇がなぜ、脂肪肝を防ぐことができるのか?
ですが・・・

インスリンの分泌に関係してくるのです。

私たちは、炭水化物など糖質を食べると、血糖値が上がり、それを察知して腎臓からインスリンが過剰に分泌されます。

そして血糖を脂肪に変えて蓄積されることになります。
つまり中性脂肪が肝臓に溜まるということです。

そこで、野菜 → タンパク質 → 炭水化物という食べる順番を変えると、野菜の食物繊維が炭水化物を消化させるのを遅らせる働きをします。

これによって、急激で過剰なインスリンを分泌させる必要がなくなり、 インスリンの無駄遣いを防ぐことが出来るのです。

さらに、肝臓に蓄積される中性脂肪を減らす・・つまり、脂肪肝対策になるのです。

レバリズムLが脂肪肝をサポートする

脂肪肝を対策するには先ほど述べたように、食事の改善と積極的な運動ですが、レバリズムLには食事の改善をフォローする優れた成分が含まれています。

その成分というのは、しじみのオルニチン、牡蠣のタウリン、亜鉛、そして、深海鮫エキスのスクワレンです。
この3つの素材成分が脂肪肝をサポートします。、

では、レバリズムLに含まれている成分を順に紹介しますね。

オルニチンが脂肪肝を減らす

オルニチン回路図

肝臓のお仕事は500以上あると言われていますが、 その中で最も重要なお仕事は解毒です。
私たちは、食事をしてその栄養分をエネルギーとして使っています。

そのエネルギーを引き出してくれるのが肝臓です。

でも、エネルギーに作り変える段階において、 副産物としてアンモニアという有害物質が発生します。

この有害物質を解毒させているのが肝臓です。

肝臓にはオルニチン回路という代謝経路があり、そこで疲労の元となる有害なアンモニアを無害なものに変換させています。

このオルニチン回路に向けて、しじみに含まれているオルニチンを補給することで、アンモニア解毒を強化させるという仕組みです。

よって、肝臓のアンモニア解毒をスムーズにおこなうことで、肝臓の中性脂肪の代謝を促進することが可能になります。

つまり、このオルニチンサイクルを強化することによって、脂肪肝を減らす働きに通じるということです。

牡蠣に含まれているタウリンが中性脂肪を体外へ排出させる

タウリンが中性脂肪を追い出している

タウリンは肝細胞の修復や細胞膜の強化に働きかけるのが主なお仕事ですが、肝臓に溜まった中性脂肪を体外へ排出させる働きもします。

これが脂肪肝対策になるということですが、肝臓に蓄積された中性脂肪を遊離脂肪酸に変換させる働きによって、肝臓の中性脂肪を減らします。

これについてはマウスでの実験で実証されているようですね。
そして、胆汁酸の分泌促進もタウリンの優れた働きの一つになります。

胆汁酸はコレステロールを原料としていますが、タウリンは、この胆汁酸の分泌を促進させるのです。
つまり、胆汁酸の分泌を促進させるには、より多くのコレステロールを必要とします。

そこで、血中のLDLコレステロールを使って、コレステロール値を下げる働きをするのです。

そして、脂肪肝になってる人は、概ね、LDLコレステロール値も高いことが考えられます。
よって、タウリンの働きで脂肪肝対策とコレステロール対策、この2つの働きに期待できるということです。

スクワレンが肝細胞をパワーアップする

酸素を運ぶスクワレン

スクワレンは深海鮫の肝油が原料で飽和脂肪酸の一種です。
そして酸素を、体の隅々まで運ぶ働きをします。

そこでなぜ酸素なの?という疑問を抱く方がいらっしゃると思いますが、私たちの体には酸素の必要性は最も重要なことのです。

つまり、酸素がなければ、細胞は生きていけないのです。
細胞の修復から、細胞の生まれ変わりなど、全て酸素が関わり合っています。

よって、酸素不足になると、私たちは生きていくことができません。
スクワレンを補給することによって、肝細胞が活発化します。

これによって、 免疫力を高めたり血液を浄化させたりすることによって、弱った肝臓を元に戻すのです。

脂肪肝に関しても、細胞が活発化するとエネルギーを生み出すことになるので、 エネルギーが不足すると、肝臓に蓄積されている中性脂肪を利用することになります。

スクワレンは 直接、脂肪肝対策をしませんが、肝細胞の環境を整えることによって、脂肪肝対策をするということです。

脂肪肝をサポートする「レバリズムL」

レバリズム-L

脂肪肝を対策するサプリメント成分といえば、オルニチンとタウリンです。
この二つが含まれていることが重要です。

そこでレバリズムは、しじみのオルニチンと牡蠣のタウリンはもちろん、スクワレンも含まれているので、これ以上の成分は必要無いといってもいいと思います。

しかも、レバリズムLは、国産の選りすぐりの素材から選び抜かれた成分を引き出していることが、効果につながり、実感となって評判を呼んでいます。

よって、評判は高く、リピーターは97%という高い数値になっています。
最近、お腹周りの脂肪が気になりだしたら、レバリズムLを試してみる価値はあると思います。

ご興味のある方は、下記、公式通販サイトをご覧ください。

↓レバリズムLの詳細と購入はこちら↓

↓レバリズムLの他の記事はこちら↓

レバリズム-L 効果的な飲み方と飲むタイミング

レバリズムL の購入の前に成分の効果を知る

レバリズム 評判になる理由

レバリズムの効果

レバリズム 口コミ

レバリズムLの成分 他社商品との違いは?

レバリズムは「オルニチン、牡蠣、スクワレン」の3つが肝臓を守る!

オルニチンとタウリンで肝臓強化

肝臓の数値撲滅はレバリズムL

レバリズムLのサプリメント効果

レバリズムLで肝機能を強化

レバリズムL 最安値の販売店はどこ?

Pocket