Pocket

肝臓が苦しんでいます

肝臓は沈黙の臓器と言われています。
これって、症状が出ないので、知らないうちに大病を患っていた!・・

・・ということになる可能性があります。

つまり、体調が良くないと感じた時には、すぐに入院しなければならない状態になっていたということです。

肝臓の病気は、悪くなっていても、痛くなったりしないのが、怖いということですが、何よりも、健康診断を受けることですね。

会社勤めの方だったら、年に1度は健康診断がありますが、自営業の方や主婦の方は、自主的に申し込まなければなりません。

もちろん、市区町村からの無料の健康診断の、お誘いが届けられますので、自分で医療機関に申し込めば良いのですが、「心配な時はいつでも医療機関を受診できるから」とか・・忙しいからと言って、健診を受けない人がいらっしゃいます。

私もそうだったのですが、肝臓だけは、最低でも1年に1回は健診を受けることをおすすめします。

ということですが、先ほどの、「心配な時はいつでも医療機関を受診できるから」という回答は、厚生労働省の調査で、30.6%もあり、もっとも多い回答でした。

理由があって、健診を受けないのは分かりますが、自分のカラダなので、病気でのダメージを最低限に抑えるため、「肝臓が悪くなると、こんな症状が出る!」というテーマで、進めて行きたいと思います。

疲労が続くと危険信号

疲れた女性

肝臓が悪くなるサインは何?・・どんな症状が出るの?
・・ですが、まず、疲労が挙げられます。

人間、疲れると、エネルギーが出ないので、行動を起こせないばかりか、気力も失ってしまいます。

つまり、体力の損失とメンタル面が低下すると言うことです。
この、疲れと肝臓ですが、密接な関係を持っています。

もちろん、肝臓意外からの疲労もありますが、長引く疲労は、概ね、肝機能の低下が引き起こすサインなのです。。

普通、疲労は休息することで、リセットされます。

でも、いくら睡眠をとっていても、疲労が続く・・・この症状が気になり出したら医療機関で検査を受けることをおすすめします。

肝機能の代表的なお仕事は、解毒や代謝です。
もちろん、その他に、いろんなお仕事をしていますが、脳に関係する神経伝達機能にも関わりあっているそうです。

それで、まず、解毒ですが、肝機能で最も重要な機能と言われています。
食事などで、体内に入ってきた、有毒物質を肝臓が解毒させて正常にしています。

つまり、解毒してクリーンな状態にして、血液に戻す作業をしているのです。
そして、肝臓に害を与える疲労物質ですが、アンモニアが代表的ですね。

アンモニアが疲労を招く

アンモニア産生から尿素排出まで

アンモニアは、タンパク質が細胞の中で分解される時に発生するそうです。
そして、アンモニアは有害で不要物質なので、肝臓が処理をして、尿素に変換して腎臓によって尿として排出されます。

また、お酒を過剰に飲むと、アンモニア同様に有害なアセトアルデヒドが発生します。
これも、肝臓の細胞内に存在するミトコンドリアの中の酵素(アルコール脱水酵素)が代謝して分解します。

これらの、肝臓の働きが弱くなると、まず、疲れを生じることになります。
肝臓の解毒と代謝が不十分になるということは、有害物質を置き去りにしてしまいます。

ということは、その時点で血中には、有害物質が含まれたまま、体内を循環しているということですね。
当然、疲労感を伴うことになります。

これらの症状を解決するには、肝臓の解毒作用を応援する、オルニチンを補給することです。

オルニチンは、エネルギーを生み出す(ATP)代謝経路のオルニチンサイクルを活性化させる働きを持っていて、更に、アンモニアの解毒を促す作用もすると考えられています。

また、牡蠣に含まれているタウリンも含硫アミノ酸の一種なので、肝臓からの胆汁酸の分泌、肝細胞の再生を促進する働きをするので、肝臓の解毒を促し、更に、コレステロール値を下げる働きもします。

手掌紅斑(しゅしょうこうはん)

手掌紅斑

手掌紅斑とは、手の平が赤くなる症状のことを言います。
手の平が斑点のように赤くなったり、手の親指の付け根あたりが赤くなります。

これは、肝機能が低下しているサインだと思われます。
肝機能が低下して、手の平の血管が拡張することによって、赤く染まったような症状が出るということです。

これは、肝機能の低下が原因でホルモンバランスが崩れて、手の平の血管が拡張すると言うことと、免疫や代謝にも関係していると言われています。

そして、原因は、特定できませんが、主にお酒の飲み過ぎが関係しているようです。

肝機能の低下は、肝炎や肝硬変へ発展するケースが多いので、お酒を控えて手の平が赤くなる症状が消えていたら、原因は特定出来ますね。
まずは、お酒を控えてみて様子をみてはいかがでしょう。

黄疸(おうだん)

 

黄疸

黄疸(おうだん)が出ると肝臓が何らかの障害を受けているとよく言われます。

そのとおりで、顔色や皮膚が黄色い・・白目が黄色いと感じたら、それは黄疸が出ているということです。

健診項目にある、総ビリルビンですが、これは、血液を循環する黄色の色素のことを言います。

そして、この、ビリルビンは、赤血球やコレステロールが破壊された時に出る物質です。

よって、肝機能でのビリルビン検査の数値の判断は、肝臓や胆のうの状態が正常なのか、または異常なのかを判断する決め手となります。

黄疸が起こるということは、ビリルビンが尿や便で排泄されないで、血液に流れ出していると言うことです。
その結果、皮膚が黄色くなったり、眼の白目が黄色に変化します。

この黄疸を発見した場合、肝臓、胆のう、そして、胆道がうまく機能していないサインなのです。
すぐにでも、病院で検査を受けることをおすすめします。

レバリズムLで肝臓を守る

レバリズム-L

肝臓が悪くなると、このような症状がサインとなって、知らせてくれます。
もちろん、自覚症状はありません。

よって、注意しなければならないということですが、肝臓が不調になると真っ先に感じること・・それは、疲労です。

疲れは睡眠で解消出来るのが普通ですが、それが、出来ない・・・つまり、疲れが慢性化する。
これを、感じるようになった時は、すぐにでも対策をしなければ、危険です。

そこで、それより、その前に、肝臓を助けるサプリメントを補うことをおすすめします。
悪くなる前に、先手を打って対策するのです。

これが、自覚症状を出さない肝臓を守る手立てとなるのです。
おすすめは、オルニチンとタウリン、亜鉛、そして深海鮫エキス配合の「レバリズムL」です。

これが肝機能の助けとなって、守ってくれるということです。

↓レバリズムLの詳細・購入はこちら↓

↓レバリズムL関係記事はこちら↓

レバリズムの口コミ

レバリズムLの成分 他社商品との違いは?

レバリズム 評判と効果について

オルニチンとタウリンで肝臓強化

レバリズムLのサプリメント効果

レバリズムLで肝機能を強化

レバリズムL の購入の前に成分の効果を知る

レバリズムL 最安値の販売店はどこ?

 

Pocket