Pocket

メタボリックシンドローム中性脂肪の数値が高くなりだしたら、まずは、対策しなければなりません。

ひどい場合は、血管に流れている血液をせき止めるぐらいの、脂肪が溜まっているということなので、放っておくと、血管をつまらせて血液を遮断させてしまうのです。

これが、心筋梗塞や脳卒中、狭心症という恐ろしい病気に発展するのです。

私たちは、毎日、食事をして、栄養を補給して、エネルギーとなって、いろんな活動をしています。

でも、暴食や偏った食事を続けていたり、また、お酒の飲み過ぎなどをしていると、必要とするエネルギー量以上に、脂肪を摂ってしまいます。

脂っこい食べ物

特に、炭水化物や糖質ですが、このような、脂肪分は中性脂肪になり、脂肪細胞に蓄えられます。

脂肪細胞の役目は、貯められた中性脂肪が必要となる時に供給しますが、脂っこいものなど、糖分を摂ることばかりしていると、中性脂肪が過剰に溜まってしまいます。

その一つは、皮下脂肪や贅肉となり、ポッコリお腹やメタボと呼ばれる体形になるのです。

でも、肥満体では無く、痩せた方でも、中性脂肪値が高い場合もあります。

これらは、健康診断の検査結果でTGという記号で表示されます。
この、数値の基準値は150mg/dlです。

これよりも、高くなっていると、中性脂肪が高い・・・つまり、脂肪異常症なので、注意が必要です。

もちろん、年齢や性別によって、数値も変わってくるので、おおよそは、50~150mg/dlの範囲内が正常値になります。

中性脂肪が溜まるとなぜ悪い

健康診断中性脂肪が溜まるとなぜ悪いということですが、これも、健康診断の検査結果の記号である、HDLとLDLに関係してくるのです。

HDLは、善玉コレステロールの事で、高比重リポタンパク質と言われています。

そして、LDL(悪玉コレステロール)は、低比重リポタンパク質と言って、コレステロールを増やす働きをします。

そこで、中性脂肪が溜まると、善玉コレステロールのHDLを減らして、LDLを更に増やしてしまうのです。

この、LDLや中性脂肪が血管にくっついて血液の流れを妨げるということです。
その結果は、もうお分かりだと思います。

このように、中性脂肪と2つのコレステロールを紹介しましたが、次に体内に存在する4種類の脂肪の役割をお知らせします。

4つの脂肪が体内にある

中性脂肪まず、コレステロールは脂肪の仲間で中性脂肪と同じように体内に必要ですが、過剰になると良くないものです。

それで、中性脂肪は、脂質の90%占めていて、グリセリンに3つの脂肪酸が結合したものです。

この、3つの脂肪酸が結合することによって、酸性が消失してしまい、中性になることから、中性脂肪と呼ばれています。

1)脂肪酸

脂肪酸とは、私たちが生きていく・・つまり、活動するエネルギー源となるものです。

2)中性脂肪

もともと、脂肪酸ですが、過剰に摂ると、脂肪細胞に蓄積されて中性脂肪になります。
そして、必要とされる場合は脂肪酸となって、エネルギーとして使われます。

3)コレステロール

HDLとLDLコレステロールは、先ほど述べたように、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があります。

そして、コレステロールは、食事などで取り入れられ、肝臓で合成され、血液を通じてホルモンや細胞膜の合成に使われています。

でも、悪玉コレステロール(LDL)が増えすぎると、血管の壁の傷ついたところに、へばりついたりして、ダメージを与えるのです。

一方、善玉コレステロール(HDL)は、へばりついた悪玉コレステロールを取り去る働きをして、肝臓へ移動させます。

このように、善玉コレステロールは良い働きをする事から、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす対策が必要です。

それには、不飽和脂肪酸を摂ることでコレステロールを減らすことが出来ます。
不飽和脂肪酸とは、大豆や豆腐類、魚介類などを意識して食べることです。

ちなみに、飽和脂肪酸とは、脂身の多い肉、ベーコン、バター、油で上げたインスタントラーメンやチョコレートなどです。

4)リン脂質

リン脂質は、細胞膜を作る成分で、レシチンと言えば、聞いたことがあると思います。

大豆レシチンは、サプリメントなどに含まれている場合が多く、レシチンが不足すると、血管にコレステロールが溜まる原因になったりします。

そして、リン脂質は、動脈硬化を予防しますが、アルツハイマー病や認知症を予防するということもよく知られています。

このように、リン脂質は血管を通じて脳の記憶力を維持させる働きをします。

運動が基本ですが、オルニチン補給で効率よく脂肪を減らす」

ウォーキング中性脂肪が気になったら、まず、基本は運動と食事の改善が必要です。

悪玉コレステロールを減らすことが、大切なので、前に述べたように、食事は不飽和脂肪酸を摂ることです。

つまり、脂っこいものを控えて野菜や魚を中心に食生活を改善すること、そして、運動です。

運動のおすすめは、手軽なウォーキングです。
出来るだけ、毎日、20分以上のウォーキングを心がけることをおすすめします。

ウォーキングは、有酸素運動なので、体内に溜まった中性脂肪を燃焼させる効果があります。

そして、速めのウォーキングをすることです。

これは、血液中の脂肪(遊離脂肪酸)を使ってゆくことになるので、最低20分以上続けることが必要です。

これを、長期に渡って生活習慣を改善することですが、それと併用して、中性脂肪サプリで対策すると、より、改善を加速させることが出来ます。

そこで、中性脂肪サプリというと、しじみに含まれてるオルニチンが効率よく脂肪を減らしてくれます。

つまり、運動と併行して、オルニチンの補給で、中性脂肪の蓄積を予防するということです。

もちろん、食事でオルニチンを補給しても大丈夫なんですが、毎日のようにしじみ汁を飲むのは、物理的に不可能なことと、しじみ汁を美味しく頂こうとすると、塩分を含ませることになるので、塩分を摂りすぎてしまう懸念があります。

よって、効率良くオルニチンを摂るとなると、サプリメントがおすすめですね。

では次に、 しじみのオルニチンがどのようにして中性脂肪を予防するのかを述べていきたいと思います。

オルニチンが中性脂肪を減らす

オルニチンの研究員

オルニチンを摂取すると、中性脂肪を減らすことができます。

これに関しては、オルニチン研究所というサイトでの研究データですが、実際に試験が行われ実証されています。

http://ornithine.jp/lab/nash.html

それによると、オルニチンを1日750mg摂取することによって、肝臓の中での中性脂肪量、と血中の中性脂肪量の減少が見られたのです。

肝臓内の中性脂肪量は、50mg/dlの、高コレステロール高脂肪食群に対して、40mg/dlまで低下した。

そして、血中の中性脂肪量は70mg/dlに対して、42mg/dlの減少

さらに、血中の遊離脂肪酸量ですが、400μEq/L存在していたものが 900μEq/Lまで上昇したとのことです。

この遊離脂肪酸量ですが、 脂肪細胞内に蓄積されていた中性脂肪が分解されて血液中に流れ出した量のことです。

つまり、お腹の脂肪がオルニチンの補給によって少なくなったということです。
これがオルニチンの中性脂肪を減らす仕組みになります。

遊離脂肪酸がダイエットすると言っている女性

そこで、補足になりますが、血中に遊離脂肪酸が流れ出すということは、その分中性脂肪が減ったということになりますが、そのまま放っておくと、元の皮下脂肪に戻って蓄積されてしまいます。

これを防ぐために、運動が必要なのです。
つまり、遊離脂肪酸をエネルギーとして消費させるということです。

血中に遊離脂肪酸が放出されている状態は、 筋肉で代謝され、運動すると、エネルギーになりやすい状態です。

このように、運動して、エネルギーを使うことによって、さらに脂肪細胞から遊離脂肪酸が放出されやすくなり、これらが体内環境のサイクルを作ることができるのです。

この脂肪細胞からのエネルギーとして取り出す習慣づけができれば、痩せやすい体質に変化します。

よって、オルニチンの補給だけではなく運動をプラスすると、中性脂肪を減らすパワーが加速されるということです。

では、次におすすめのオルニチンサプリを紹介します。

レバリズムが おすすめ!

レバリズムバナー

オルニチンが含まれているサプリメントは多く存在します。
その中でレバリズムをお勧めする理由ですが、素材が優れているからです。

そして、オルニチンだけではなく牡蠣とスクワレンが含まれています。

この牡蠣とスクワレンは、オルニチン同様に中性脂肪の対策を総合的にサポートします。

つまり、二重、三重に働きかけることによって、予防を強化するということです。
これに関しての詳細は「肝臓の数値撲滅はレバリズムL」をご覧ください。

素材がいいから

3つの素材は有名産地から

レバリズムは素材がいいという理由は、日本の有名な産地から取り寄せた高級素材を使っているからです。

これは、いいものを作るとなると、やはり、いいものを使わなければ出来ません。
つまり、同じ種類のものでも栄養分の違いがあるということです。

レバリズムのしじみエキスにする、しじみは静岡県産牡蠣は岡山県産スクワレンは千葉県産という、選りすぐりの有名産地から取り寄せているということです。

これには、他社製品との違いがあり、その違いはリピーターが多いということで証明されてます。
リピーターの満足度は97%もあるので、これが評判となって口コミで広まっているようです。

オルニチンだけではなく牡蠣とスクワレンが相乗効果を引き出す

中性脂肪を減らしたり肝機能を良くするとなると、成分はほぼ決められてしまいます。
しじみのオルニチン、そして牡蠣に含まれてるタウリンや亜鉛ですね。

これらは、ネットで調べてみると、どのような効果があるかについては、すぐに分かります。

そして、スクワレンはあまり知られてないようですが、赤血球のヘモグロビンに、よく似た働きをします。

つまり、酸素を運ぶという重要な働きです。

私たちは、呼吸で酸素を取り入れて、それが、細胞を活性化させてエネルギー源としています。

酸欠になった女性

これらは、ヘモグロビンが酸素を運ぶ役目をしているからですが、 何らかの原因で異常になると、酸素を臓器や細胞に運べなくなります。

つまり、酸欠状態になるということです。

 

その結果、全身の機能低下になります。
これを助けるのがスクワレンです。

スクワレンは、深海鮫の肝臓から取り出したエキスで 、ヘモグロビンの働きを助けて機能回復をサポートします。

↓こちらのレバリズムLもオススメですね↓

レバリズムがこのような利点があるのでお勧めしますが、 もう一つおすすめしたいのが 、DHA・EPAサプリメントのきなりです。

DHA・EPAサプリの「きなり」

きなりは、さくらの森から販売されているDHA・EPAサプリメントです。

青魚に含まれている、必須脂肪酸のDHA・EPAを補給することで、中性脂肪を減らす対策をします。

そして、DHA・EPAは、オメガ3脂肪酸でWHO(世界保健機関)やFDA(米国食品医療局)も摂取を推奨している健康成分です。

きなりは、4粒飲むだけで、500mgのDHA・EPAの補給が出来るのです。

この、500mgはクロマグロの赤身の刺し身を約5人前分に匹敵する量になります。

マグロの刺し身

もちろん、他社のDHA・EPAサプリよりも、きなりの含有量は圧倒的に多いです。

しかも、DHA・EPAは体内に入ると酸化されやすいことから、その酸化をカバーする、アスタキサンチンや体内吸収率を高めるクリルオイルのDHA・EPAはリン脂質結合型なので、無駄なくスピーディに体へ補給します。

↓きなりの公式販売サイトはこちら↓


↓当サイトの中性脂肪の関連ブログはこちら↓

カルサイト効果は、吉幾三サプリのしじみん

血液検査で分かる肝機能の異常値

肝臓強化 肝パワーの効果

レバリズムLで肝機能を強化

Pocket