Pocket

しじみ成分のオルニチンですが、薄毛予防にも期待出来るようです。
薄毛の男性イラスト
オルニチンは成長ホルモンに深い関係があって、その成長ホルモンが少なくなると、細胞の代謝が悪くなる・・つまり、髪の毛にも影響を与えると言うことです。

成長ホルモンは、年齢を重ねるほど、また、ストレスの影響もあり、低下します。
働き盛りのビジネスマンにとって、ストレスが原因で、身体に悪い影響を与えるようです。

でも、しじみのオルニチンで、このホルモンの分泌を活性化させて、代謝を高めることができれば、抜け毛はストップがかかります。

オルニチンが直接、抜け毛や薄毛予防になるとは、言えませんが、代謝が関わり合っている以上、髪の毛にも関係すると言えます。
また、男性だけでは無く、女性にも抜け毛の悩みはあります。

女性の場合は、ウィッグがあるので、表面的にはそんなに、深刻では無いと思いますが、それでも、更年期以降のホルモンバランスが原因で抜け毛に悩まれる女性は多いようです。

しじみの力、アミノ酸のオルニチンが肝機能だけでは無く、体全体の代謝に関わりあって効果が発揮できることは、大いに期待出来ます。

抜け毛は成長ホルモン・・つまり、代謝です。

身長を測っているイラスト成長ホルモンの分泌を促進することに、問題無ければ、抜け毛にはなりません。
成長ホルモンは、成長するための体内物質で身長が伸びたり、筋肉を増加させたり、血糖値のコントロールなど、色んな役割をしています。

その中で、代謝がいちばん、重要なことで骨や筋肉など、全てに代謝が関わりあって変化をもたらすことになります。

人間、代謝がストップすれば、成長が停止し死を意味することになります。
髪の毛にも、代謝が高ければ、抜けても、続いて生えてくると言うメカニズムが盛んになり、薄毛にはならないのです。

これも、年齢が増すごとに、代謝能力が低くなってゆきます。
これが、老化と言うものなので、仕方ないことですが、少しでも老化を遅らせる・・つまり、代謝を高めて成長ホルモンを活発化させることが望ましいと考えます。

それには規則正しい、生活習慣が必要になってきます。
成長ホルモンは、22時~2時頃に、いちばん活発になると言われています。

つまり、抜け毛や老化など、いちばん適した睡眠開始時間が、この22時前になるのです。
毎日、成長ホルモンを優先する睡眠をとることをしておけば、髪の毛の健康につながります。

でも、お仕事や、付き合いなど抜けることが出来ない、ビジネスマンがほとんどだと思いますので、その分をしじみのオルニチンサプリで補給することをお薦めします。

オルニチンは遊離アミノ酸なので、肝臓の機能の強化はもちろん、血液によって体内をめぐり、全身へ不足しがちな成分などを、送り込む役目もします。

また、老化に伴って、不足しがちである、髪の毛の代謝にも活力を細胞へ送り込むことによって、大いに期待できるのです。

↓レバリズムLの詳細はこちら↓

Pocket