Pocket

二人で運動肝臓が悪くなると糖尿病に発展したり、逆に糖尿病を患って肝機能が低下するということですが、普通にあります。
これは、主に肥満が原因だと言うことです。

つまり、メタボリックシンドロームです。
肝機能を改善させる手立てというと、しじみのオルニチンがポピュラーというか・・皆さんご存知だと思います。

その中で、オルニチンが挙げられますが、今回は、糖尿病から肝臓へダメージを与える恐ろしい病気になる経路と糖をエネルギーに変換する、ALA配合の糖ダウンをレポートしました。

肥満が糖尿になり肝臓へ

糖尿病の悩み年齢が進むにつれて、男性も女性も、肥満になってゆきます。
もちろん、肥満対策をされている方や体質的に太らない方もいらっしゃいますが・・・

おおよそ、40歳を過ぎると、太りだしたりします。
また、糖尿の方も、概ね、太った方が多い傾向にあります。

これは、飲み過ぎや食べ過ぎが原因だと言われていますが、そうではない場合も考えられます。
まず、年齢が進むと、体全体の老化が目立ち始めます。

つまり、体内酵素が減少し始めるのです。

この、体内酵素が減少することで、代謝が低下します。
これは、飲み過ぎや食べ過ぎでは無く、以前と同じものを同じ量、食べていたとしても肥満になるのです。

それは、今までは、代謝が良かったので、食べたものをエネルギーに変換していたからです。
でも、年齢とともに、代謝が減りだすことによって、中性脂肪が蓄積されて、メタボになるということです。

この、肥満を感じ始めたら、健康のためにダイエットをすることが重要なポイントになります。
その、重要なポイントは、肥満が糖尿病の引き金になるからです。

そして、肝臓へ害を広めて行きます。

中性脂肪が肝臓へ蓄積される

肝臓が助けを求めてる食べ過ぎや飲み過ぎで肥満になると言われますが、これは、肝臓に中性脂肪が付いて脂肪肝になることが、いちばん危険なのです。

それで、ここで言う、食べ過ぎと飲み過ぎですが、代謝機能を超えた食生活ということです。

つまり、若い頃は、大食いしていても、代謝が解決してくれていたので、中性脂肪は蓄積されません。

でも、中年の域になると、代謝が低くなるので、食べる量を調整する必要があります。
・・といっても、どうしても、脳の満腹信号を満たすには、食べ過ぎてしまうのです。

これによって、肝臓に中性脂肪が溜まる・・・つまり、脂肪肝が増えてゆくのです。

この、脂肪肝が蓄積されると、糖尿病を引き起こす原因を作り出しますが、更に悪循環になる可能性を秘めています。

その仕組みは、食事をすると、食後血糖値が上昇します。

その、血糖値の上昇を感知して、腎臓からインスリンが分泌されます。
インスリンが分泌されると、血糖値を下げて、グリコーゲンに変えて肝臓や筋肉へ取り込まれます。

これが、正常なインスリンの働きですが、肝臓へ取り込んで、エネルギーに利用したり、タンパク質の合成に使ったり、細胞の増殖などに使えば良いけれど、必要性が無いので蓄積されることになります。

また、肝臓へ蓄積されずに、余ったブドウ糖は、中性脂肪になり、脂肪細胞へ取り込む事もあります。
・・と言うことは、肝臓には、更に脂肪が蓄積されることになります。

血管と動脈硬化そこで、もともと、中性脂肪が貯蔵されているのに、それに加わって脂肪が増えるとなると・・どうでしょう?

肝臓は、溜まった脂肪をブドウ糖にして、血液中に流し始めるのです。

そうすると、血糖値が再度上昇します。
更に、腎臓からのインスリンの分泌を繰り返します。

これによって、インスリンが過剰分泌されることになるので、すい臓の機能もダメージを受けてしまいます。

また、連続的にインスリンの分泌は出来なくなり、インスリン不足になります。

このような繰り返しになり、慢性的に血糖値が上がり放しに・・・更なる糖尿病が悪化するということだけではなく、肝臓とすい臓に悪い影響を与えてしまい、結果的に合併症に発展すると言うことになるのです。

糖尿病の三大合併症と言えば、神経障害、網膜症、腎症ですが、コレステロールが溜まりだして、血管を圧迫する動脈硬化を引き起こしたりもします。

糖ダウンで糖をエネルギーへ変える

糖ダウン血糖値異常が糖尿病に発展して、肝機能や腎機能が衰えてしまうということになりますが、最近、発売した糖ダウンとというサプリメントが注目されています。

糖ダウンは、食後の血糖値だけでなく、空腹時の血糖値のサポートもします。
もちろん、臨床試験済で機能性表示食品の部類に入るサプリメントです。

その、糖ダウンの主成分は、ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)と言う必須アミノ酸が含まれています。

ALAは、私たちの身体の中に存在しているものですが、これも、年齢とともに不足しがちになります。

糖ダウンは1日1カプセルで15mg配合されていて、食事で得た糖分や脂肪などをエネルギーを作り出す、細胞内のミトコンドリアに働きかけて、より、エネルギー代謝を促します。

これにより、脂肪細胞に蓄積されるのを防ぐので、急激な血糖値の上昇を抑えます。
糖ダウンは、血糖値の上昇を穏やかに抑えることで、糖尿病予防と肝機能や腎機能へのダメージをサポートします。

↓糖ダウンの詳細はこちら↓

Pocket