Pocket

手汗が気になる女性気温が高くなると、気になるのが、手汗ですね・・

手に汗をかく・・・これは誰でも、当然なことですが、私の場合は、異常に汗が出るのです。

この、手汗ですが、結構、悩んでいます。

普通、手汗は緊張すると、誰でも手に汗がびっしょりになります。

でも、私の場合は、緊張する場でもないのに、手の平に汗をかいてしまうのです。

この症状は、明らかに病気ですね。

手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)と言う病名です。

ただ、汗がでるだけなので「タオルで拭いていればいいじゃん」と思われますが、その頻度が多いので、悩んでしまうのです。

それで、病院で診察を受けて分かったことですが、手掌多汗症の3〜3.5レベルだと、お医者さんから言われました。

この、手掌多汗症はMAXが5までレベルがあります。
よって、私の場合は、3~3.5レベルなので、中よりも強いというレベルです。

当然、日によって、手の平から、したたり落ちることも珍しくありません。
そこで、お医者さんから治すには、ボトックス注射をすれば改善されると言われました。

ボトックス注射は手汗を防ぐの?

注射器ボトックス注射とは、わきがに伴う脇汗や手汗などの汗を抑える注射です。

それは、ボツリヌス菌と言うものを手の平に注射する治療です。

手汗が出る原因は、交感神経から出る「アセチルコリン」という神経伝達物質が異常発汗を促進するからだと言われています。

そこで、ボトックス注射をすると、アセチルコリンを阻害する仕組みなので、手掌多汗症を改善させるといったものです。

でも、この、ボトックス注射は勇気が必要です。

ボトックス注射は痛い!

ボトックス注射ボトックス注射は、手の平に注射を数箇所します。
これが、とっても痛いということです。

一箇所の注射であれば、私は耐えられるかも知れませんが、指先とか、特に敏感なところを数箇所も激痛が走るとなると・・

私は耐えられません。
麻酔という方法がありますが、一般的に手の平には、麻酔をしないそうです。

また、仮に麻酔注射があっても、恐らく麻酔注射を打つことも痛いのではないかと思います。

ボトックス注射の費用は?

お金が掛かるそれで、気になる、ボトックス注射の費用は健康保険の適用が出来ないので、実費になります。

費用は、5万円〜10万円ぐらいです。

それで、実際、手汗効果は、3ヶ月から半年だと言われています。

・・ということは、何度もしなければ、ダメだということになります。

手掌多汗症の対策、ファリネとテサランを比較する!

ファリネとテサランボトックス注射は先ほど述べたように、私には痛みに耐える勇気がありません。

また、費用と持続効果を見比べてみても、魅力を感じません。

夏場の汗が出やすい季節だけで考えても、毎年、ボトックス注射をするということは、無理です。

そこで、今、売られている手汗対策専用のクリームとパウダーに注目したのです。

それが、テサランとファリネです。
どちらも、手汗を抑える医薬部外品のアイテムです。

でも、実際使ってみなきゃ分からないということですが、取りあえず、この2つの違いを調べてみました。

ファリネ テサラン
タイプ パウダー クリーム
薬事法分類 医薬部外品医薬部外品
成分 クロルヒドロキシアルミニウム、酸化亜鉛 クロルヒドロキシアルミニウム、イソプロヒルメチルフェノール
効果 制汗、殺菌、消臭 制汗、殺菌、消臭、保湿
プラス成分 5種類 9種類
持続効果 2時間半〜24時間 72時間(最大)
価格単品 8890円+送料+税 4298円(税・送料込)
定期価格 2667円+税
全額返金保証 90日肌荒れ返金保証 着後30日以内に返金ポリシーを確認

テサランは最安値

テサランが最安値

ファリネとテサランの違いですが、まず、成分の違いは、ファリネの酸化亜鉛、テサランのイソプロヒルメチルフェノールですね。

これらは、どちらも、殺菌成分で種類の違いになります。
よって、どちらが良いかは判定出来ません。

ファリネもテサランも、同等の成分が含まれているということになります。

あと、持続時間ですが、テサランは、72時間も持続するということです。
これは、テサランの特徴として、打ち出しているキャッチになります。

この辺は、実際試してみなければ分からないというのが正直な回答です。
そして、価格ですが、テサランの方が断然安い、激安価格になっています。

また、実際、使ってみると、1日6回使っても2ヶ月は持つと言うことです。
そして、基本は、汗が出る前にクリームを擦り込むことが必要です。

朝、起きたら、早速、洗面所で清潔にしてテサランをつけるということです。

テサランとファリネとの売り方の違いは、テサランは通常販売だけで、定期コースは行っておりません。

これは、テサランは後発メーカーなので、通常販売のみで勝負しているということです。

ファリネは、もう、定評のある商品なので、通常販売よりも、定期販売にして安く購入しやすくしているのです。

このような、違いがありますが、ファリネは、パウダー仕様で、テサランはクリームという違いがあります。

何れにしても、最安値で使ってみようと思う方は、テサランに軍配が上がります。

実際使ってみての感想

使った感想を言う女性結論から言うと、ファリネもテサランも、確かに手汗を抑える効果はあります。

でも、手汗のレベルによって、効かないと感じる方がいらっしゃると思います。

私は、3〜3.5レベルなので、かなりひどい手掌多汗症です。
そして、まず、ファリネを使ってみましたが、すぐにサラサラ状態にならないですね。

これは、テサランも同じことが言えます。
そう言えば、若干、ひどい汗が、幾分か和らぐ程度です。

この程度で納得するか?・・その人の考え方によります。
でも、私は、効果があると思うのは、つけない時と比べれば、明らかに違いを感じるからです。

もちろん、その日の状況によって、違いがありますが、私は、最初は、このようなものだと思って使っています。

それは、使ってゆくうちに改善に向かうことが予想されるからです。

この効果は、口コミで情報を得たのですが、長期に渡って使って行くと、汗腺が変性するそうです。

そうなれば、次第に手掌多汗症のレベルを下げることになるので、使う頻度も少なくなると考えます。

ボトックス注射をしないのであれば、ファリネやテサランでじっくりと対策することが良いのではないかと思っています。

↓ファリネの詳細へ移動出来ます。↓

↓テサランはこちら↓
テサランの公式サイトバナー

Pocket