Pocket

テレビで話題になったことを指している医師

テレビで話題になった、レバリズムですが、多くの人が効果があったと言われていますね。

つまり、人気のある評判のサプリメントだということですが、何を持って評判になったのか?

そして、その効果はどのようなものか?
これらを知りたいと思いますよね。

そこで、今回はレバリズムの効果について述べていきたいと思います。

肝臓病といえば脂肪肝!

 

肝臓が肥満だと考えている男性

自分の肝臓は良くないことを知るきっかけは、健康診断や人間ドックで検査を受け、その結果を知った時です。

というのは、ほとんど肝臓は痛みを感じさせないので、 検診結果での数値で判断します。

また、体がだるい、疲れやすい・・このように感じる時は肝臓が弱っているサインかもしれません。

よって、体調が変だなと感じた時は注意が必要です。

それで、最近いちばん多いのが、肝臓に脂肪が過剰に蓄積される脂肪肝と呼ばれるものです。

脂肪肝になると、お腹がぽっこりと出っ張り、中年太りの体型に変化していくので皮下脂肪だけではなく肝臓にも脂肪がたまっていることが予想できます。

この脂肪肝は、検査によって脂肪の基準割合が決まっていて、30%を超えると脂肪肝になります。

ちなみに、正常な人の中性脂肪の割合は5%以内です。

そしてその原因は、生活習慣の乱れだと言われていますが、 ほとんどの人はアルコールの飲みすぎや食べ過ぎ、そして運動不足です。

これがアルコール性脂肪肝と呼ばれていますが、アルコールを摂取しない方でも脂肪肝は存在します。

つまり、非アルコール性脂肪肝と言って、主に食べ過ぎが原因です。

非アルコール性脂肪肝はNASHと呼ばれていますが、 中年以降の女性に多いですね。

そして脂肪肝になるということは、 糖尿病も併発してる場合が多いことがあげられます。

これらはいずれにしても、医師の判断によって指導されますが、おおよそ生活習慣を改めることから入ります。

 

γ-GTP、ALT、ASTの数値異常は脂肪肝を疑う

検査結果の報告を受ける男性

血液検査でγ-GTP(ガンマtpジーティーピー)やALT、ASTが 基準値よりも高くなっている場合は、脂肪肝の疑いが強いということです。

脂肪肝は、まず、血液検査とともに超音波検査やCTスキャンなどの画像検査を行って診断します。

そして、脂肪肝が判明すると、生活チェック表という用紙を渡され該当項目にチェックを入れていきます。

この生活チェック表というのは、お酒を飲んでいるか?、とか、食べ物で好き嫌いがあるか?などの一般的な項目に答えるというものです。

医師はこれらの検査データと生活チェック表との関連性を見つけて、治療に入りますが、脂肪肝の場合は概ね、 食事療法と運動療法で改善することになります。

 

主な肝機能項目の基準値

下記の表は、主要肝機能検査での基準値です。
これらの数値より高い場合は、肝機能障害の疑いがあります。

基準値
γ-GTP 50 IU/L以下
ALT(GPT) 30 IU/L以下
AST(GOT) 30 IU/L以下

レバリズムの効果は脂肪肝の対策

禁止ばかりで、辛い男性

自分が脂肪肝だと言われた場合、放置しないで医師の指導に従うことで、 思ったより簡単に早く改善できます。

もちろん、 脂肪肝も程度がありますし、糖尿病を併発しているなどによって違ってきますが、健康診断で数値が高いという程度であれば、食事の改善や運動をすることによって治ります。

そこで、まず、お酒をやめるとか、糖質を控えることは、必ずしなければなりません。

でも、急に改善するって結構大変ですね。

会社員であれば、夜の付き合いなど、飲み会や食事会に参加しなければ成り立たないこともあります。

そういう事情を考えた場合、サプリメントがお役にたつと言うことです。

つまり、レバリズムを飲んでいれば、肝臓の助けをしてくれるということです。

多くの方がレバリズムを飲まれていますが、その理由は食事の改善の助けになるということです。

食事の改善は、これからずっと長期にわたってしていかなければならないことですが、レバリズムに含まれている、オルニチンや亜鉛、タウリン、スクワレンなどの成分の働きが、 肝機能をサポートしてくれるということです。

レバリズムはどのようにして脂肪肝をサポートするのか?

 

3つの矢が脂肪肝の元を射る

レバリズムには、しじみエキス、牡蠣エキス、深海鮫エキスが含まれています。

この3つの素材成分が肝臓強化に働くということですが、まず、肝臓は約500種類の機能を持っていると言われています。

その中で代表的な肝臓のお仕事は、1)解毒、2)代謝、3)胆汁の生成と分泌です。

(肝臓の代表的な3つの機能の詳細は後ほど記載しておきます。)

それで、脂肪肝になる原因は、お酒の飲みすぎや食べ過ぎですが、中性脂肪が肝臓に蓄積されることによって起こります。

レバリズムに含まれている牡蠣成分のタウリンは、中性脂肪を分解して排出を促進します。

しじみエキスは、しじみに含まれているオルニチンと言えばもうご存知の方が多いと思いますが、アミノ酸の一種で肝臓での解毒機能に働きかけます。

そして、脂質代謝の異常が原因で中性脂肪が蓄積されるということですが、中性脂肪が肝臓にたまればたまるほど肝機能が低下していくということです。

オルニチンは解毒に働きますが、成長ホルモンにも良い働きしてくれるのです。

つまり、成長ホルモンの分泌を促進させることによって、脂質代謝の異常を改善させるのです。

そして、深海鮫エキスのスクワレンですが、スクワレンは不飽和炭化水素といって、酸素を運ぶ働きをします。

つまり、肝臓を酸欠状態から防いでくれるのです。

おそらく、脂肪肝になるということは、肝細胞の損傷があり、それには、酸素の供給不足が関係していると思います。

よって、豊富に酸素を供給することによって、細胞の活力がよみがえります。

これが、脂質代謝の異常を救ってくれるのです。

要するに、 肝細胞や細胞膜の活性化をして脂質代謝異常の改善を行うのです。

脂肪肝を撃退する3つのレバリズム成分

牡蠣エキス:タウリンが中性脂肪を分解して排出を促進

しじみエキス:成長ホルモンの分泌を促進させ、脂質代謝の異常を改善

スクワレン: 肝細胞や細胞膜の活性化を促して脂質代謝異常の改善

 

肝臓の主な機能

3つの肝臓の機能の役割

1)解毒

肝臓の解毒は、お酒などのアルコール類や薬、添加物、そして、タンパク質などを摂ると消化器官で分解吸収される時に副産物として発生するアンモニアという有毒物質など、体にとって有害な物質を分解して無毒化しています。

2)代謝

肝臓の代謝は食事で得た栄養分を体内の臓器や器官などで使えるエネルギー源として蓄えたり、必要とする時に引き渡したりします。

3)胆汁の生成と分泌

肝臓は多くの仕事をしているので、老廃物が作られます。
その、老廃物を胆汁という形に生成し分泌させます。

この胆汁は、再び脂肪の消化液として利用したり、排泄させたりしています。

 

肝臓はこのように、とっても大切な仕事をしています。

よって、肝臓の健康を取り戻すことによって、脂肪肝の対策につながるということです。

お酒などの解毒をしっかりと行い、中性脂肪の排出を促し、肝細胞を元気にさせる酸素を供給する、・・・これが、レバリズムの特徴ですが、理にかなったサプリメントだと私は思います。

弱った肝臓から脱出するには、初回980円のレバリズムを試してみるのもいいかもしれませんね。

 

↓レバリズムの購入はこちら↓

 

↓レバリズム関連記事はこちら↓

メタバリアs 楽天が最安値?

レプチンサプリ レバリスムLの女性への効果

レバリズムLの口コミ評判

レバリズムL – 肝臓サプリの効果

 

Pocket