Pocket

肝機能数値に悩む男性

スルフォラファンは、肝臓を強化するサプリメントです。
では、スルフォラファンを飲んでいる方はどういった、きっかけで飲まれているのでしょう?

それは、健康診断で肝機能数値が基準よりも高くなったからではないでしょうか。。
主に、肝機能検査での、ガンマGTP(γ-GTP)とALT(GPT)そして、AST(GOT)ですね。

これらの数値が気になったので、何らかの対策をしなければと考えたからだと思います。
特に、肝臓のことなので、放置することは出来ないのです。

でも、異常数値なのに、平気で放っている方もおられますね。
これは、肝臓は、少々肝機能数値が高くても、痛みを生じない・・つまり、事の重大性を感じないからだと思います。

よって、病院で再検査の申し出があっても、受けないで無視するというか・・そんなに重要視していない方が多いということです。

でも、放置していて、何か体の調子がおかしいと感じたときには、もう遅しというか・・手遅れになることがあります。
このような、結果にならないように、まず、対策をすることが必要ですね。

ガンマGTP(γ-GTP)が高い

ビールと肝臓

ガンマGTPは、アルコールに反応する解毒酵素のことで、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、そして、小腸に存在しています。

この、γ-GTPの数値は、肝細胞や胆管細胞が破壊されることで、血液に流れ出し、γ-GTPの数値が高くなります。

γ-GTPの正常数値は、男性で50IU/L、女性で32IU/Lです。

これ以上の数値で100以下の場合は、お酒を控えれば正常に戻ることが多いと言われていますが、100を越えている場合は、再検査を受ける必要があります。

というのは、100以上の場合は、脂肪肝が、かなり進行していると考えられるからです。
それから、ガンマGTPの数値が基準値よりも高いということは、お酒の飲み過ぎで、過剰にγ-GTPが作られてしまい、それが、血液に流れているということです。

つまり、医者からお酒を控えるように指導されたとすると、この、γ-GTPの数値を見て判断しているということになります。

ALT(GPT)とAST(GOT)が高い

 

ドクターからの説明

ALT(GPT)とAST(GOT)は、肝臓にある酵素でアミノ酸を作り出しています。
この、数値が高いとなると、肝細胞が何らかの障害を受けて、血液に酵素が流れて出していると言うことです。

ALT(GPT)が高い場合は、肝臓病の疑いがありますが、AST(GOT)が高い場合は、筋肉細胞が破壊されていると推測されます。
よって、心筋梗塞の疑いがあると言うことです。

また、この2つの数値の高さを比べてみると・・・
ALT(GPT)AST(GOT)の場合は、慢性肝炎や脂肪肝が考えられます。

これとは、逆に・・
ALT(GPT)〈  AST(GOT)は、心筋梗塞の可能性があります。

 

肝機能検査でのガンマGTP(γ-GTP)、ALT(GPT)、AST(GOT)の基準値

項目 γ-GTP ALT(GPT) AST(GOT)
基準値 50IU/L 40IU/L 40IU/L

 

スルフォラファンは、解毒酵素を助けて肝臓強化する

元気な肝臓

健診での、ガンマGTP(γ-GTP)とALT(GPT)、AST(GOT)の3つの数値は、肝細胞の破壊を見るマーカーで、肝臓の解毒酵素の働きを示しています。

これらの、数値が高ければ、その対策を打つことになります。
それで、今、話題になっているのが、スルフォラファンです。

ブロッコリーの新芽の、ブロッコリースプラウトである、スルフォラファンは解毒酵素である、グルタチオンS-トランスフェラーゼやキノンレダクターゼという酵素の後押しというか、活性化させて、解毒効果を高めます。

つまり、スルフォラファンは解毒酵素を助けて肝臓を強化させるという優れものなのです。

では、なぜ、スルフォラファンがグルタチオンS-トランスフェラーゼなどの酵素を助けて、解毒を強化できるのでしょうか?

スルフォラファンが解毒酵素を助けるメカニズム

スルフォラファンになるプロセス

スルフォラファンは、グルコラファニン(グルコシノレート)という化合物を持っていますが、ミロシナーゼという酵素も兼ね備えて持っているのです。

この2つが、解毒酵素を活性化させる役割をしますが、グルコラファニンとミロシナーゼが体内で生成されて、スルフォラファンになるということです。

つまり、スルフォラファンになる前駆物質と言って、生成される前の物質なのです。

よって、そのもの自体、スルフォラファンではないということですが、体内に入ると、スルフォラファングルコシノレート(SGS)がスルフォラファンとなって、グルタチオンS-トランスフェラーゼなどの解毒酵素を誘導するファイトケミカルに変換されるという仕組みで肝臓の解毒を助けるのです。

そして、スルフォラファンは、更に、発がん物質をも、阻止する効果を持っています。

スルフォラファンが、発がん物質を除去する

 

肝臓を壊した男性
私たちは、常に体内にウイルスや細菌、タバコの煙などを、呼吸することによって入れています。

もちろん、身体に害を与える発がん物質も入ってくるということですが、体内の解毒酵素が働いて、除去させているので病気にならず、健康でいられるということです。

と言っても、体調が悪くなると、がんになる可能性を秘めてるということになります。

これは、体内の解毒酵素がしっかりと働いてくれるからですが、その発がん物質に働いているのが、フェーズ1酵素とフェーズ2酵素なのです。

スルフォラファンが、発がん物質を除去すると言うのは、フェーズ2酵素をより活発化させる働きを持っているからです。

フェーズ1酵素とフェーズ2酵素

スルフォラマン

スルフォラファンがフェーズ2酵素の活性化を促して、解毒酵素をパワーアップしますが、その前に、フェーズ2酵素って何?ということですね・・・

肝臓で作られる、解毒酵素ですが、フェーズ1酵素とフェーズ2酵素があります。

これらは、がん細胞に対抗する解毒酵素です。
その、メカニズムは、発がん物質が体内に入ると、フェーズ1酵素が発ガン物質を作ります。

そして、フェーズ2酵素がそれを、抑えて体外へ排出させるのです。
身体に侵入する段階では、がんになる材料であって、それを、フェーズ1酵素が発ガン物質を作るということから始まります。

そして、フェーズ2酵素が威力を発揮しますが、スルフォラファンは、そのフェーズ2酵素に働きかける事によって、がんを防ぐという仕組みです。

スルフォラファンは、このような、解毒効果だけではなく、活性酸素を抑制させたり、ピロリ菌や花粉症などのアレルギーにも優れた働きを持っています。

スルフォラファンについては、まだまだ、優れた働きを持っていますが、ご興味がある方は下記、公式サイトをご覧下さい。

↓ブロリコの体感冊子資料を無料ゲット↓

↓スルフォラファン関係の記事はこちら↓

スルフォラファンとオルニチンどっちを選ぶ?

スルフォラファン 最安値の通販

スルフォラファンの効果は、ブロッコリースプラウト

スルフォラファンお試しモニターはこちら

ブロッコリースプラウト 効果ブログ

Pocket