Pocket

スルファラファンの肝臓ケア

カゴメのスルフォラファンはブロッコリースプラウトを飲みやすいサプリメントにしたものですが、これが、肝臓を助ける効果があるということで評判を呼んでいます。

ブロッコリースプラウトは、普通、スーパーマーケットに並んでいるブロッコリーですが、成熟したブロッコリーでは無く、発芽3日目のブロッコリーのことをいいます。

よって、スーパーで売っている、ブロッコリーとは、スルフォラファンの含有量が違います。

発芽3日目のブロッコリースプラウトは、成熟しているブロッコリーの約20倍もスルフォラファンが含まれているのです。

カゴメは、その、発芽3日目のブロッコリーの高濃度なスルフォラファンを効率よくサプリメントにしたものです。

よって、スルフォラファンの抗酸化作用が肝臓を助ける効果に期待出来るのです。

スルフォラファンのフィトケミカルが効果を引き出す

スルフォラファン

スルフォラファンの効果とは、ブロッコリーに含まれている、フィトケミカルが優れていることです。
まず、フィトケミカルは、植物が持つ化学成分であり、植物栄養素とも言われています。

この、スルフォラファンのフィトケミカルは、体内で解毒作用や抗酸化に働きかける効果があります。
実際には、体内酵素に働きかけて、抗酸化酵素の生成を促します。

これにより、肝臓の解毒作用の後押しをする効果で、肝機能を助ける働きをするのです。

スルフォラファンは実際、前駆物質と言って、生成する前の物質で、スルフォラファングルコシレートと呼ばれています。

これが、体内に入ると加水分解されて、スルフォラファンに変化します。
スルフォラファンに変化すると、肝臓の解毒酵素である、GST(グルタチオン S-トランスフェラーゼ)などを活性化させて、解毒効果を促進させるのです。

このスルフォラファン効果は、肝臓の機能に不安を持っている方に良い結果をもたらすのです。

スルフォラファンは肝機能の解毒効果を高める

肝臓の解毒機能

スルフォラファンのフィトケミカルについて、軽く紹介しましたが、実際、肝臓の解毒に、どのようなメカニズムが働いて効果を発揮するのかをお知らせしますね。

まず、スルフォラファンの、肝臓の解毒効果と言うことですが、私たちは、美味しい食事をしたり、お酒を飲んでいますが、食べるものや量によって、体に良くないものが含まれています。

また、食べるもの以外に、薬なども害を与えたりします。
例えば、お肉などのタンパク質を食べるとします。

その、タンパク質は、胃が消化・吸収して、腸に運ばれますが、腸内で分解される時に、アンモニアが発生します。
この、アンモニアは、毒性を持っていて、体にとって決して良いものではありません。

それを、肝臓で解毒しているということです。

実際は、腸内から門脈を通じて肝臓へ運ばれていますが、肝臓の解毒作用の働きは、アンモニアを尿素に変えて排泄させます。

お酒などのアルコールは、アルデヒド脱水酵素の働きで処理しているので、睡眠をとって、翌日になると、体はリセットされているという仕組みです。

このように、肝臓の解毒機能が働いているので、元気で毎日生活することが出来るのです。
これが、正常な健康な方の肝臓の解毒作用になります。

ところが、この、肝臓の解毒が低下することで、肝機能が弱ると言う状態・・・つまり、肝機能障害を起こしてしまうと言うことですが・・・

主な原因は、肝機能の解毒が追いつかなくなるほどの暴食をしたり、過剰のアルコール摂取です。
つまり、食べ過ぎや飲み過ぎが原因で肝臓を壊してしまうということです。

もちろん、その他に、ウイルス性での解毒障害もあります。

スルフォラファンは解毒酵素を活性化する

解毒の仕組み

スルフォラファンが肝臓の解毒効果に力強く働いてくれるということですが、アンモニア解毒には、グルタミン合成酵素を活性化させて処理します。

また、アルコールの解毒処理は、アルデヒド脱水素酵素(ALDH)を活性化することで、解毒の助けをします。

このように、スルフォラファンは、肝臓の解毒に効果を発揮する事によって、肝機能を助ける働きをします。

これらの、スルフォラファンの効果・試験については下記をご覧下さい。

スルフォラファンが発がん物質を解毒する効果

スルフォラファン

スルフォラファンが解毒酵素を助けると言うことですが、発がん物質にも優れた効果を発揮します。

最近、スルフォラファンと言えば、肝臓よりも、がんというイメージを持たれているようですね。

それは、スルフォラファンは、フェーズ2酵素を活性化させる効果があって、発がん物質を無毒化して体外へ排出する働きがあると言うことです。

フェーズ2酵素とは、発がん物質を無毒化させる働きを有している酵素です。
これを活性化することで、癌予防になります。

ちなみに、フェーズ1酵素が存在しますが、これは、発がん物質を作り出す酵素なのです。
このように、私たちの体には、悪と善の酵素が存在しているようですが、フェーズ1酵素が働くことによって、解毒することが可能になるので、メカニズム的に必要な酵素ということになります。

でも、がんだけは、避けて通りたい病気ですね。
何れにしても、原因は、活性酸素なので、スルフォラファンは活性酸素を撃退します。

これは、先ほど、述べた、フィトケミカル(ファイトケミカル)ということですが、植物が外敵から守るために持ち合わせた植物性化学物質のことです。

私たちは、植物が生き延びるために持っている優れた成分や物質を利用することによって、がんの予防をしたり、肝臓の機能を正常化させたりしています。

特に、スルフォラファンの抗酸化作用は、体の酸化をくい止める働きをするので、老化や病気の原因をリセットします。
よって、免疫力を高めたり、自然治癒力にも期待出来るのです。

カゴメのスルファラファン

毎日30mg取りたいスルフォラファン

ブロッコリーを食べると、スルフォラファン効果に期待出来ると言うことですが、実際、1日にブロッコリー1株分を毎日食べると身体に良いと言われています。

これは、ジョンズ・ホプキンス大学のポール・タラレー博士が研究した結果、発表されたことが基準になっています。

良く言われることですが、ブロッコリーに含まれている有効成分を摂るには、ブロッコリーそのものを意識して食べることですが、実際は、1日にブロッコリー1株分(30mg)を毎日摂ることは、ほとんど不可能です。

そこで、毎日、30mgのスルフォラファンを補給するために、作られたのが、カゴメのスルフォラファンです。

スルフォラファンボトルカゴメのスルフォラファンを1日3粒飲むことで、肝機能強化を目指します。

それで、どのぐらい飲めば、肝臓が強くなるのかと言えば、個人差がありますが、基本的に3ヶ月を目処に毎日飲む事をおすすめします。

なぜ、3ヶ月なのか?ですが・・・3ヶ月効果と言って、体の細胞などの入れ替わる周期に合わせることで、より、効果的に働きかけるからです。

サプリメントは、毎日欠かさず飲む・・つまり、不足しがちな栄養を補うという蓄積型だからです。
つまり、薬と違って、毎日の補給が体質を穏やかに改善させる働きをするのです。

もちろん、人によって、1ヶ月も経たないうちに実感される方もいらっしゃいますが、これは、その人の体質や生活習慣によっての、身体に及ぼす効果の違いになります。

スルフォラファンの効果はアレルギーに有効

花粉症ブロッコリースプラウトのスルフォラファンの効果は、身体に吸収されると、先ほど述べた解毒酵素の活性化によって、肝機能の助けになりますが、スルフォラファンの効果は、肝臓だけではありません。

アレルギー疾患にも有効なのです。
アレルギー持ちの人と言えば、花粉症が多いと思いますが、この、花粉症にもスルフォラファンの効力が発揮するのです。

これは、カゴメの研究員が試験した結果、確認されました。
その内容は、花粉症の炎症を引き起こす原因は、抗体が体内に増加すると言われています。

その抗体とは、ヒスタミンは多く知られていますが、その他に、イムノグロブリンE(IgE)と呼ばれる抗体があります。

スルフォラファンは、そのIgEの抗体の増加を抑制する効果があるということです。

↓スラフォラファンがアレルギー抗体増加を抑制する研究成果は下記をご覧下さい。↓
http://www.kagome.co.jp/research/summary/100906_01/

このように、ブロッコリースプラウトのスルフォラファンの効果は多岐にわたり優れた働きをしてくれます。

花粉症の季節がやって来る前に・・・
そして、健康診断で、Y-GTPなどの肝機能値が気になったら、まずは、スルフォラファンをお試し下さい。

↓ブロリコの体感冊子資料を無料ゲット↓

↓スルフォラファン関係ブログ↓

スルフォラファンお試しモニターはこちら

Pocket