Pocket

サラシアプラスは、肝臓に働きかけて、肝機能を改善するサプリメントです。
弱った肝臓メインの原料は天然ハーブのサラシアですが、このサラシアは、肝臓の機能の一つである解毒に効果をもたらします。

それは、腸内環境が悪化すると、善玉菌が減り、悪玉菌が優勢になります。
悪玉菌が優勢になると、日和見菌も加勢してくるので、腸内環境は更に悪くなります。

このように、腸内環境が悪化すると、肝臓に過剰な負担がかかってしまいますが、サラシアの効果で腸内環境を整える働きをします。
腸内環境が整えば、当然、悪玉菌も減り、有害なアンモニアの発生量も少なくなり肝臓も回復することになります。

この、肝機能改善効果は、サラシアに含まれている、ポリフェノールやマンジフェリンなどの、抗酸化作用によるものです。
サラシアプラスを1日4粒飲むだけで、300mgのサラシアを摂取することが出来ます。

これを、毎日続けて行けば、気になる肝臓も何らかの実感となる日が訪れて来ると思います。
それは、サラシアプラスを飲まれた方の、94.3%の方が満足と回答されているからです。

肝心な働きが気になる方に【サラシアプラス】

サラシアの効果

サラシアサラシアは血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の特効薬として知られていますが、このように、腸内環境を整えて肝臓のバックアップをする働きもします。

もちろん、腸内環境を改善して善玉菌を増やす働きをするので、ダイエットにも期待できると言うことになります。
腸内環境が正常な状態になると、美容にも良い効果をもたらします。

これも、サラシアの抗酸化作用が働いて、お肌のトラブルを防ぐ効果になります。
サラシアは水溶性植物繊維なので、小腸での栄養素の消化吸収を抑制して遅らせる働きをします。

また、有害物質を吸着状態にして排出する効果もあります。

サラシアプラスのオルニチン

肝臓にダメージを与えるそして、サラシアにプラス成分した、サプリメントがサラシアプラスです。
サラシアプラスは、ギムネバやウコンなど、11種類の健康をサポートする成分とビタミンB1,B2,B6もしっかり配合されていますが、肝臓に於いては、オルニチンが有力な肝機能強化に努めます。

オルニチンは遊離アミノ酸なので、タンパク質にならないで、単独のアミノ酸として、体内で効果を発揮します。
その、主な働きは、オルニチンサイクルがあります。

オルニチンサイクルは肝臓に存在していて、有害なアンモニアを代謝させるサイクル(回路)に関係しています。
これによって、肝機能の低下を改善させたり、タンパク質の合成を促進させる働きをします。

肝臓はこの、オルニチンサイクルでの働きだけではなく、いろんな働きをしています。
これらの働きは、肝臓をより快適にさせる効果・・つまり、サラシアプラスに含まれているオルニチン効果です。

↓サラシアプラスの肝機能改善効果は下記公式サイトから・・↓

Pocket