Pocket

短鎖脂肪酸の効果があったと促している女性

NHKスペシャルの「腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー」と言う番組で紹介されてから腸を元気にすると免疫力が高まったりお肌の改善、そして、便秘対策にもなるということは、もうご存知だと思います。

 

そこで、番組で紹介していた、痩せる菌と呼ばれている短鎖脂肪酸が話題になっていますね。

短鎖脂肪酸は痩せ菌・・・つまり、これを含ませたものを摂取すると番組で紹介していたようにダイエット効果や便秘対策、免疫力強化に期待出来るということです。

 

そこで、短鎖脂肪酸を作り出す乳酸菌があります。

その乳酸菌のことを、乳酸菌発酵エキスといいます。

 

ここに目をつけて、乳酸菌発酵エキスを含ませたサプリメントがあります。

それは「善玉元気」です。

 

善玉元気はフローラ健康科学研究所というところから売られていますが、随分評判がいいみたいですね。

では、善玉元気の乳酸菌発酵エキスはどういうもの?

 

他の乳酸菌とどう違うの?

と言うことから紹介しますね。

 

乳酸菌発酵エキスって何?

乳酸菌発酵エキスの成分イメージ

 

乳酸菌発酵エキスは「バイオジェニックス」と呼ばれています。

その特長は・・・

  1. 大豆が原料で体内の善玉菌が作り出した物質と同じもの
  2. 胃酸や胆汁に負けないで腸に届く
  3. 生きた乳酸菌とは違い目的地の大腸に届いた時に善玉菌を活性化させる
  4. アミノ酸やビタミンB群、オメガ3など、多くの種類の物質が含まれている

乳酸菌発酵エキスは、このようなメリットがありますが、これは一般的な乳酸菌や食物繊維とは違ったものです。

 

そして、この4つのメリットをいかした善玉元気は、乳酸菌発酵エキスだけではなく、ポリフェノールやアントシアニン、オリゴ糖、クエン酸、水溶性食物繊維がプラス配合されています。

このプラスされた成分の詳細はこのページの後半に説明しますね。

 

乳酸菌発酵エキスと一般的な乳酸菌の違いは何?

一般的な乳酸菌と乳酸菌発酵エキスとの違い図

ヨーグルトや味噌など発酵食品を食べると腸に良いと言われていますが、これには乳酸菌が含まれているからです。

その乳酸菌と乳酸菌発酵エキスとの違いは何?

 

と言うことですが、乳酸菌発酵エキスは「乳酸菌生産物質」とも言われ、大腸に移動した時に腸内フローラと呼ばれている善玉菌を活性化させる働きをします。

 

善玉菌の代表格はビフィズス菌ですが、ビフィズス菌を増やしたり元気にさせるので、腸内環境が良くなるということです。

 

では、一般的な乳酸菌も同じでは?

・・と思いますよね。

 

そうなんです、同じ働きをしますが、一般的な乳酸菌は効率が悪いのです。

腸内細菌は100種類もあり、100兆もの細菌が存在しています。

 

つまり、さまざまな細菌が生存している中で、うまく善玉菌を活性化させるには大変だと言うことです。

それから、胃を通過する時に強い胃酸が攻撃してきます。

 

また、腸に届いても在来菌との相性があるので、合わなければ通過菌になってしまいます。

通過菌とは、腸内細菌と違う・・・つまり、よそ者扱いにされてしまうので、腸に定着することが出来なくなって排泄されてしまうということです。

 

ヨーグルトや他の乳酸菌は、このようにリスクを生じるので、結果的に効果を発揮するのはごく一部だけになってしまうのです。

 

乳酸菌発酵エキスは乳酸菌そのものではないので、胃酸の影響を受けません。

そして、大腸に入った時点で働き出すので、消化器官での作用を受けないというメリットがあります。

 

と言うことは、腸内環境へのメリットは完璧に近いと言えますね。

では、次にどのようにして、乳酸菌発酵エキスが作られたのかを説明します。

 

乳酸菌発酵エキスはどのようにして作られるの?

35種類のヒト由来共棲培養

 

一般的な乳酸菌と乳酸菌発酵エキスの違いは分かりましたが、いったいどのようにして、乳酸菌発酵エキスが作られるのか?

 

ここが知りたいですよね。

乳酸菌発酵エキスは35種類のヒト由来の乳酸菌(ビフィズス菌)の共棲培養で作られています。

 

と言うことは、実際、人の腸に存在する乳酸菌を元に作られているということです。

これはどういうこと?

 

と言うことですが、腸内でしか生成しない物質を体外で培養することに成功したのです。

 

それは、腸内と同じ環境を研究所で作り、実際、善玉菌を活性させている菌を人の腸から採取して、それを培養したということです。

 

つまり、もともと人の腸内の細菌なので、通過菌にならない、さらに善玉菌を活性させる目的の菌なのです。

そして、共棲培養を行うことによって 高い確率で善玉菌の活性を促します。

 

そこで、共棲培養って何?

ですね・・・

 

共棲培養って何?

共棲培養している様子

 

菌を人工で増やすことを培養といいますが、共棲培養は、複数の菌を一緒に増やすことです。

ここで、複数の菌ということですが、善玉元気には35種類の培養に成功しています。

 

この種類が多いほど、腸内で活躍するパワーが違って来るということです。

これを分かりやすく言うと、腸内細菌は人それぞれ同じではありません。

 

と言うことは、腸内の全ての善玉菌に活力を与えることは、より多くの違った性質を持つ菌・・・つまり、数多くの種類が必要です。

 

善玉元気は今のところ、35種類ですが、今後さらにバージョンアップして増加してゆくことでしょう。

そこで、こんな経験をしたことは無いでしょうか?

 

私の例で言うと・・・

友人と私は共に便秘で悩んでいたところ、友人から電話で「◯◯のヨーグルトを食べると、一発で便秘が治ったよ」という嬉しい情報です。

 

早速、私は、友人が買ったものと同じ、◯◯のヨーグルトを買って帰って食べたのですが、全く便秘は解消しませんでした。

 

これってなんで?

 

と疑問を持ちましたが、友人の腸内細菌と私の腸内細菌は同じじゃないので、効かないのです。

考えて見れば、友人の食事環境と私とは違います。

 

と言うことは、腸内細菌も違いますね。

このようなことは、普通にあります。

 

なので、同じ人間から受け継いた良質な細菌を培養しても効かないことはあるということです。

そこで、共棲培養を行って複数の菌を多く含ませることで可能性が出るということですね。

 

善玉元気は全ての腸内細菌を活性するとは言えませんが、ひょっとしたら、バッチリ合うかもしれません。

よって、試してみるしかないと思います。

 

90日の返金保証が付いているのはそのためだと思います。

善玉元気の公式サイトはこのページの最後にリンクを貼っておきますのでチェックして確認して下さい。

 

では、次に乳酸菌発酵エキスはどのようにして善玉菌の活性を促すのかを述べますね。

 

乳酸菌発酵エキスはどういう仕組みで善玉菌の活性を促すの?

乳酸菌及び乳酸菌発酵エキスは糖を発酵させて乳酸を作る菌です。

それが、大腸に入ると善玉菌の活性を促します。

腸内細菌が好むPH図

その仕組は、腸内のPHに関係します。

PH(ペーハー)とは、酸性、中性、アルカリ性などの度合いを示す数値ですね。

 

そこで、腸内のPHによって、善玉菌と悪玉菌の生存環境が左右されるのです。

普通、中性はPH7.0ですが、乳酸菌や乳酸菌発酵エキスが腸に入るとPH4.5ぐらいまで下がります。

つまり、酸性になります。

 

これが、悪玉菌の環境を悪くするのです。

つまり、PH4.5になると悪玉菌の代表格である大腸菌は生きて行けなくなリます。

 

ところが、善玉菌は最高の環境になるので、より勢力を上げることが出来る・・・つまり、善玉菌の活性化につながるのです。

 

これが、乳酸菌発酵エキスの効果ですね。

このようして、腸内環境を良くしてゆくことで、便通や免疫力などを正常に戻し、さらにNK細胞の活性化や血糖値の抑制、肝機能にも良い状態へ導きます。

 

そこで、悪玉菌のことも書いておきますね。

 

悪玉菌が勢力をもつとどうなる

悪玉菌が腸内に勢力をもった図

悪玉菌の代表格は大腸菌ですが、ウェルシュ菌や胃に生息するピロリ菌なども存在します。

 

腸内では善玉菌が優勢な状態でも大腸菌は生息しています。

これは、善玉菌と共存出来る悪玉菌ですね。

 

そして、もう一つの悪玉菌のウェルシュ菌は健康な腸内で見かけることは少ないとされています。

と言うことですが、ウェルシュ菌は悪玉菌が優勢になると頭角を現します。

 

これらの悪玉菌ですが、悪玉と言われる理由は、腐敗を発生させて毒素を撒き散らす菌だからです。

悪玉菌が増殖すると、腸管から良くないものを吸収するので、体の調子が悪くなります。

 

その結果、便秘症状や免疫力の低下、ハリの無いお肌に・・・そして、うつになったりします。

このように腸の状態によって、私たちの体は左右されているということですね。

 

善玉元気をおすすめする理由は何?

善玉元気バナー

 

まず、善玉元気の特徴を列記すると・・・

    1. 乳酸菌発酵エキスの効果
    2. 352種類の有用な成分配合
    3. ポリフェノールなど5大成分がプラス配合されている
    4. 90日間の返金保証
    5. モニター満足度93.4%
    6. 日本薬学会で注目されている

 

乳酸菌発酵エキスの効果と90日間の返金保証については先ほどお伝えしましたので、「352種類の有用な成分」「5つのプラス成分」そして「モニター満足度93.4%・日本薬学会で注目されている」を紹介します。

 

352種類の有用な成分配合

善玉元気には、352種類の有用な成分が含んでいると言うことですが、これは、必須アミノ酸、遊離アミノ酸、ペプチド、不飽和脂肪酸、短鎖脂肪酸などです。
主な成分の詳細は下記の表をご覧下さい。

成分カテゴリ 含有成分詳細 成分情報
有機酸 L-乳酸 (短鎖脂肪酸) 腸内環境を整える、免疫
酪酸 (短鎖脂肪酸) 腸内環境を整える
コハク酸 (短鎖脂肪酸) 腸内環境を整える、肌保湿、免疫
吉草酸 (短鎖脂肪酸) リラックス 腸内環境を整える
酢酸 (短鎖脂肪酸) 血圧低下 腸内環境を整える
必須アミノ酸 L-リンゴ酸 腸内環境を整える、血糖ケア、

疲労ケア

ヒスチジン 皮膚・免疫
リシン 肝機能・免疫
トレオニン コラーゲンの主原料・皮膚・免疫
フェニルアラニン 神経伝達系(記憶力)
ロイシン 毛髪、ストレス、肝機能
イソロイシン 肌、毛髪、肝機能
メチオニン 毛髪、抗アレルギー、肝機能
バリン 肌、疲労回復、肝機能
スレオニン 肌、毛髪潤い、肝機能
トリプトファン 不眠、集中力
遊離アミノ酸 遊離オルニチン 肝機能
遊離ガンマーアミノ酪酸

(GABA)

睡眠、リラックス
L-シトルリン 血流改善
4-ヒドロキシープロリン コラーゲンの主原料
アミノ酸 アスパラギン酸 疲労、血液の流れ
プロリン コラーゲンの主原料、

肌の天然保湿(NMF)、脂肪燃焼

チロシン 髪色素(メラニン)の原料
アラニン 肌の天然保湿(NMF)、

肝機能(アルコール分解)

グリシン 睡眠促進
セリン 肌の天然保湿(NMF)、睡眠
シスチン 毛髪

 

ポリフェノールなど5大成分がプラス配合されている

5大成分画像

 

善玉元気に含まえている5つのプラス成分は抗酸化作用や血流改善などのアンチエイジングに特化した効果と美容に良いものが含まれています。

 

ポリフェノールやアントシアニン、オリゴ糖、クエン酸、水溶性食物繊維がプラス配合の詳細は下図です。

原材料 成分・原料 詳細 効果
トランスレスベラトロール 赤ワイン 善玉元気1包で赤ワイン22杯分のレスベラトロール 体の酸化を防ぐ、アンチメタボ、認知症予防などの効果
アントシアニン 野生ビルベリー ブルーベリーやナス、紫いもなどに含まれるポリフェノールの一種 体の酸化を防ぐ

眼精疲労回復、視力改善作用

はちみつ(オリゴ糖) 天然蜂蜜(ビタミン、ミネラル、オリゴ糖) 善玉菌のエサになり、葉酸やビタミンが美容をサポート 腸内環境を整える
水溶性食物繊維 昆布、わかめ、こんにゃく、果物など

難消化性デキストリン

糖を吸着して脂肪の蓄積を防ぐ ダイエット
クエン酸 柑橘類 エネルギーをつくり出すために必要不可欠な成分、新陳代謝促進 疲労回復効果、エネルギー生成効果

 

モニター満足度93.4%、日本薬学会でも注目されている

薬学会への研究発表と特許取得イメージ

 

自社のモニターアンケートでの結果、93.4%という高い満足度ですが、実際、日本薬学会でも注目されています。

 

それは、2015年3月26日に日本薬学会で「乳酸菌生産物質の生物系薬学試験」(光英科学研究所)を学会発表されました。

【目的】
乳酸菌の代謝産物である乳酸菌生産物質は、生体の様々な生理機能を改善することが報告されている。我々はこれまでに乳酸菌生産物質経口投与によるUVB照射ヘアレスマウス(HR-1、♂)の角層水分量の改善効果を報告してきた。しかし、その作用機序の詳細は不明である。そこで、今回は角層中の天然保湿因子(Natural Moisturizing Factor:NMF)に着目した。NMFは表皮に存在する保湿因子の総称で、保湿性と吸湿性に優れ、角層の水分保持機能に大きく関与している。NMFの主成分はアミノ酸、またはアミノ酸由来の物質である。そこで我々は乳酸菌生産物質経口投与後の角層中のアミノ産含量を測定し、皮膚改善効果を比較検討した。
【方法】
試験にはヘアレスマウスを用いた。試験期間中は乳酸菌生産物質を経口ゾンデ法により毎日投与した。投与開始7日目にUVBを単回照射した。試験初日、UVB照射日、試験最終日にテープストリッピングによってマウスから角層を採取し、遊離アミノ酸を抽出後、アミノ酸分析器(JLC-300、日本電子)によって定量した。

 

その後、2015年3月28日、3月29日にも同じテーマで研究発表されています。

https://koei-science.com/academic-presentation_201503.html

 

善玉元気に含まれている乳酸菌発酵エキスは、市販されている乳酸菌とは違ったもの、そして、返金保証が90日も付いているので、腸を丈夫にしたいと思われるのであれば、試す価値はあると思います。
詳細

 

Pocket