Pocket

先日、「世界一受けたい授業」というテレビ番組で、ミトコンドリアについて放送していましが、水素水が良いみたいですね。

ミトコンドリアと言えば、中学生の頃、理科の授業で習ったような記憶があります。

また、水素についても、元素記号で「H2」ですが、これも、元素周期表を暗記する・・・つまり、「スイヘーリーベーホーター」・・・H(水素)、He(ヘリウム)Li(リチウム)、Be(ヘリウム)、B(ホウ酸)、C(炭素)という暗記したことだけ覚えています。

よって、ほとんど分からない世界です。

細胞とミトコンドリアそれで、ミトコンドリアですが、私たちの身体にとって、とっても大切なものだということです。

ミトコンドリアの役割は、細胞の中に存在していて、エネルギーを生み出しているのです。

私たちは、食事をすることで、栄養を吸収させて、エネルギーを作り出して活動しています。

つまり、元気の源なのです。
その、エネルギーを生み出す、ミトコンドリアですが、主に、食事をすると、脂質やアミノ酸、ブドウ糖、酸素を原料として、エネルギーに変換しているのです。

このような働きをする、ミトコンドリアですが、細胞の中に必ず存在しているのです。

ミトコンドリアがエネルギーへ変換する

エネルギーへ変換私たち、それぞれ、細胞の中には、ミトコンドリアを持っていますが、人によって違いがあります。

その違いというのは、ミトコンドリアの数とパワーです。

それで、いつも元気でパワフルな人は、おおよそですが、ミトコンドリアの数が多くて強いパワーを持っていると言えます。

これは、持久力が示してくれます。

例えば、マラソン選手など、持久力を必要とする人は細胞内のミトコンドリアの量が多くて元気だと言うことです。

その反面、疲労がとれない、元気がないなど・・・
エネルギーが出ない人は、ミトコンドリアが少なくて、活動出来ない状態だと推測します。

このように、ミトコンドリアが弱って不足すると、健康を損ねる結果になるので、注意が必要です。

ミトコンドリアが不足すると、中性脂肪になる

細胞内に糖と脂質が残るミトコンドリアが弱って不足すると、健康を損ねる結果になると言うことですが、これは、食事で得た、脂質やアミノ酸、ブドウ糖、酸素などが、エネルギーに変換されなくなるので、細胞内で残ってしまうことになります。

これが、メタボと呼ばれる中性脂肪になるのです。

肥満は、生活習慣病に直結していると言われていますが、まさに、その通りです。

肥満が正常に機能している臓器や血管を圧迫して病気の原因を作り出します。
その結果、脂質異常症、高血圧、糖尿病、などに発展し、動脈硬化や脳梗塞、そして、ガンなどを患う結果となるのです。

このような、最悪な結果にならないように、ミトコンドリアを増やして活性化することが必要です。

ミトコンドリアを増やすには・・

ミトコンドリアを増やすことが先決です。
それには、ミトコンドリアが不足したり、パワー不足になる原因を知ることが必要です。

その原因は、先ほど述べたように、食事で得た、脂質やアミノ酸、ブドウ糖、酸素が細胞内へ運ばれますが、ごく僅かな酸素が活性酸素に変化します。

悪玉活性酸素これは、要するに、細胞内に脂質やアミノ酸などを取り込む際に、エネルギーの燃えカスが活性酸素を生んでしまうのです。

この、活性酸素が、ミトコンドリアに攻撃するので、パワーを失うことになると言うことです。

また、生活習慣にも問題があります。

常に暴飲・暴食をしていたり、運動をしない・・・つまり、ミトコンドリアの働きを必要としないでいると、更に、ミトコンドリアの量が減ってゆきます。

私たち、人間の身体は、常に不足すると、それに対応する機能が働いてくれます。

例えば、過激なダイエットをすると、必ず、停滞期が訪れて、不足したものを補う機能が働いて、体内に保存している栄養分を回したり、エネルギーを節約したりします。

これと同じように、ミトコンドリアも必要としないと、減りだしたり、パワーも衰えて行きます。

つまり、ぐうたらな生活を続けているとミトコンドリアの数を減らすことになり、病気へ導かれるという結果になります。

これを、解決するには、運動を習慣化したり、食生活の改善をすることです。
運動をすると、汗をかいたり、脈拍が上がったり、息切れがしたりします。

この、身体の信号がミトコンドリアの必要性を伝えるのです。
その結果、ミトコンドリアは、細胞内で脈拍を正常化させる働きをしたり、脂肪を燃焼する手助けをしたりするのです。

このように、まず、生活習慣を改めることが先決です。

水素水がミトコンドリアを増やす

水素のパワー

水素水は、水素の働きで、ミトコンドリアを増やして元気にさせる可能性を秘めています。
それは、活性酸素を除去する働きを持っているからです。

冒頭で述べたように、水素H2は酸素とくっつくと、H2Oになり、水に変化します。
水素水は、この働きで、活性酸素と、くっついて、無害な水に変えて体外へ排出させるのです。

水素の効果まず、水素は、とにかく小さな分子なので、飲むと血液の流れで移動するよりも、胃の壁や腸の壁を通り抜けることが出来るのです。

よって、脳にも達することが出来る優れものなのです。

そして、水素水を飲むと、約20分で全身の細胞へくまなく到達することが出来ると言われています。

これによって、ミトコンドリアに攻撃している活性酸素にくっついて、無害な水に変化させて、活性酸素を撃退します。

この、水素水の効果で、ミトコンドリアの数も増えだし、正常な身体の機能を取り戻すことが出来るのです。

更に、水素水だけでは無く、生活習慣の改善と併用することで、ミトコンドリアの回復は、より、加速します。

水素水のおすすめは、トラストウォーター水素水

トラストウォーター水素水最後に、おすすめしたい、水素水は、アイリンクのトラストウォーター水素水です。

なぜ、トラストウォーター水素水をすすめるのかという理由は、水素濃度です。

先程、水素水の水素は、小さな分子で、胃の壁や腸の壁を通り抜けると述べましたが、その通り、水素は、かなり小さいと言うことです。

よって、水素を水に充填して出来上がった水素水は、時間が経てば経つほど抜けてゆきます。

・・と言うことは、出来るだけ水素が高い濃度で入っていることが、購入する条件になります。

トラストウォーター水素水は、充填時で3.0ppmという高濃度水素です。

これだったら、注文して工場から発送されても、水素の抜けに心配することは、まず無いということです。

もちろん、飲む段階で水素濃度は若干下がりますが、問題無い範囲内だと思われます。

水素水は、生ものなので、放置は禁物です。
出来るだけ早く飲むことが必要です。

ミトコンドリアのまとめ

  • ミトコンドリアがエネルギーを生み出して健康を保っている。
  • 活性酸素がミトコンドリアを攻撃するので、ミトコンドリアの量やパワーが低下する。
  • ミトコンドリアの量やパワーが低下すると、中性脂肪が増えたり、発展すると生活習慣病を引き起こしたりする。
  • 健康を保つには、ミトコンドリアを増やしてパワーを取り戻すことが大切。
  • ミトコンドリアを増やしてパワーを取り戻すには、水素水と生活習慣の改善が必要。

↓7ウォーターの詳細こちら↓

↓当サイトの水素水の関連ブログ↓

トラストウォーター水素水の評判と最安値情報

アイリンク 水素水は、トラストウォーター水素水

Pocket