Pocket

 

今話題の、あいこな(aikona)ですが、ダックスフンドやミニチュアダックスに多いと言われている、椎間板ヘルニアの予防になる、ワンちゃん用サプリメントなのです。

 

ではなぜ、 あいこながヘルニアを予防するのか・・・ですが・・
それは、ヘルニアを防ぐ2つの防御策といわれている成分が含まれているからです。

 

でも、なぜ、ミニチュアダックスやダックスフンドがヘルニアになりやすいのか?
不思議に思っていたのですが、調べてみた結果、分かりましたね。

今回は、今評判になっている、あいこなと椎間板ヘルニア、そして、ダックスフンドについてレポートしたいと思います。

なぜ、ダックスフンドやミニチュアダックスがヘルニアになりやすいの?

ダックスフンドの体形

まず、なぜ、ダックスフンドやミニチュアダックスがヘルニアになりやすいのか?
ですが、それは独特な体型が原因なのです。

 

胴が長くて足が短い・・
これだけでも、足腰に負担がかかるように思いますよね。

 

そうなんです、 この独特な体型がヘルニアになりやすくしているのです。
おそらく、ヘルニアになりやすいワンちゃん、ナンバーワンじゃないかなと思います。

でも、このダックスのスタイルがとっても可愛いですね。
では次に、ヘルニアになる原因をお話ししますね。

ヘルニアになる2つの原因

肥満と段差が問題だと気にするワンコ

冒頭で述べたように、ヘルニアを防ぐ2つの防御策ですが、逆に言うと、ヘルニアになる原因は2つあるということです。

その2つとは、肥満と段差です。

 

肥満は、ワンちゃんだけでなく私たち人間でも言えますが、食べ過ぎですね。
特に、ミニチュアダックスやダックスフンドは、太りやすい犬種なのです。

 

そして、犬は私たち人間の食べるものを欲しがります。

よって、つい可愛いから、私たちと同じものを与えていると肥満は加速し、結果的に犬にとって良くない結末になってしまいます。

 

ダックスは、もともと、狩猟犬なので適度な運動が必要です。
そして筋肉をつけることが背骨を保護することになるので、ヘルニアを防ぐことができるのです。

 

そして、もうひとつは、段差です。

段差といえば、室内で飼われてる方がほとんどだと思いますが、ソファーに飛び乗ったり、また飛び降りたりするので、これが背骨に良くない影響を与えるのです。

 

それから、フローリングも犬にとって、よくない環境です。
それは、 犬の肉球は滑りやすいフローリングではグリップが効かないからです。

 

走ろうとしても滑ってしまうので、余計に体を支えようとして、蹴り上げたりします。
これが背骨に大きな負担が掛かって、ヘルニアになるのです。

 

ヘルニアになる2つの原因は、この二つですが、ダックスフンドやミニチュアダックスだけではなく、コーギーやシーズー、ビーグル犬、フレンチドッグなども、ダックスと同じようにヘルニアにかかりやすい犬種です。

 

「あいこな」は2つの成分でヘルニアを予防する

ヘルニアになる2つの原因は、1)肥満、2)段差、でしたね。
あいこなには、この二つの原因を防ぐ成分が含まれています。

 

それは、有胞子性乳酸菌グルコサミンです。

有胞子性乳酸菌が肥満を防ぐ

生きて腸まで届く有胞子性乳酸菌

まず、肥満を防ぐ成分は、有胞子性乳酸菌(プロバイオティクス)です。
この有胞子性乳酸菌が腸内環境を整えてダイエット効果を引き出します。

 

その仕組みは、以前、テレビで放送されて話題になっていた腸内フローラですが、腸にはデブ菌と痩せ菌が存在していて、有胞子性乳酸菌を補給することによって痩せ菌を活躍させると言うことです。

 

つまり、善玉菌を優勢にさせることによって、代謝を高めますが、 脂肪燃焼に大きく関わりあっているアディポネクチンと言うホルモンが脂肪細胞の肥大化を抑えるという仕組みです。

 

この作用によって、ワンちゃんの肥満を防いでくれるということです。

グルコサミンが軟骨を強化する

グルコサミンで関節強化

段差対策ですが、背骨の強化は、あいこなに含まれている、グルコサミンが働きかけます。

椎間板ヘルニアは背骨の骨と骨の間にあるクッション的な役割をしているものが外に飛び出してしまうという疾患です。

 

よって、クッションの役割をしなくなるので、 骨と骨が擦れたりして、神経を圧迫させ、痛みを感じさせるのです。

そこで、グルコサミンの働きですが、 抗炎症作用や鎮痛作用の効果はありますが、軟骨成分なので、骨と骨にあるクッション的役割をしているプロテオグリカンの修復として働きかけます。

 

つまり、傷ついた関節の軟骨を正常化させるのです。
グルコサミン効果の仕組みは、犬も私たち人間も同じですね。

あいこなの豊富な栄養素

アイコナと他社サプリ比較グラフ

あいこなに含まれている、2つの成分、有胞子性乳酸菌とグルコサミンの効果が、ヘルニアを予防するということですが、 あいこなには、核酸(DNA・RNA)米麹、モリンガなど、優れた成分が豊富に含まれています。

 

つまり、犬が陥りやすい病気の予防に期待できるということです。

 

豊富な栄養成分のリスト表

これは、例えば、アレルギー症状や食糞、下痢や体臭など、体調を崩していると思われる症状の改善を目指します。

 

その大切な体調ですが、何よりも腸内環境を整えることが最も重要となってきます。

というのは、腸は第二の脳と言われますし、代謝を高めることや血糖値にも大きくかかりあっているからです。

 

これらのメカニズムは、私たち人間と同じように、ワンちゃんが年齢を重ねることによって体の抵抗力が低下したり、ふとしたことから怪我をしてしまうということは、全て体調が関わり合っているのです。

 

これらを総合的に考えると、健康な時からサプリメントの、あいこなを与えていると、安定した体調を保つことができ、 それが長生きにつながり、いつまでも私たちに癒しを与えてくれるのです。

 

特に、 ミニチュアダックスやダックスフンドは、ヘルニアにかかる可能性が高いので今回のテーマとしてお話ししましたが、今、評判が高い、あいこなはワンちゃんの健康を保つ優れたサプリメントの1つだと言えます。

 

あいこなにご興味のある方は下記、公式サイトをご覧になってください。

↓あいこな(aikona)の公式通販は下記です↓

↓こちらのサプリも多く売れています↓

アレルギーは犬康食ワンで!

Pocket