Pocket

60mgのアントシアニン含有

やわたのブルーベリー」は1粒にビルベリーが60mg含まれているサプリメントです。
そして、機能性表示食品なので、きちっとした臨床試験を行っています。

その結果、アントシアニンの働きで、目の疲労感やピント調整機能の低下を緩和することが期待出来るということです。

やわたのブルーベリーは、北の国から届いたというサプタイトルが付いていますが、これは、北欧産のビルベリーを使っているからです。

実際、北欧産のビルベリーは、一般的なブルーベリーと比べて、3倍以上のアントシアニンが含まれているので、濃厚で効き目が高いと言われています。

それで、アントシアニンはサプリメントで摂る方が効果的なんですね・・・

ブルーベリー実際、ブルーベリーを買って来て食べるとなると、どれぐらい食べなきゃならないのでしょうか?

それは・・約200g~300gぐらいは食べなきゃ、アントシアニン60gの補給は出来ないそうです。

ブルーベリーは粒の大きさにもよりますが、大粒で、1粒が約1.2gぐらいなので、200粒、毎日食べれなきゃならないと言うことになります。

また、ブルーベリーを買おうとしても、売っているお店を探すのも大変ですね。
近くのスーパーなどで、探してみましたが、売っていないというか・・
どこでも、あるものではないようですね。

と言うことで、アントシアニンサプリを飲めば解決するということですが、「やわたのブルーベリー」をおすすめします。

それで、アントシアニン60mgと言う数値ですが、何をもって、60mgなのかということですが・・・

実際、やわたが消費者庁への機能性表示食品への届け出をしましたが、冒頭で述べた通り、エビデンスと言うか、根拠となる、臨床試験を示さなければなりません。

その、臨床試験は、57.6mgのアントシアニンサプリを1日摂取して、4週間続けた結果、目のピント調整機能が改善されたと言うことと、更に、眼精疲労の自覚症状も改善されたということです。

詳しくは下記、機能性情報をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/A164-kinou.pdf

これをもって、機能性表示食品の認可となったのです。
このように、アントシアニンは、目のトラブルに優れた働きをします。

では、次に、アントシアニンの目のピント調整機能など、疲れ目に付いてレポートします。

アントシアニンの効果

アントシアニンの効果は、前回の「船越英一郎サプリのビルベリー」で述べましたが、簡単に言うと、目の網膜にある、ロドブシンという視覚の情報を伝達する物質の働きを助けるのです。

これは、ロドブシンが行っている、タンパク質の再合成の手助けをすることによって、眼精疲労や視力の改善が出来るということです。

そして、目のピントのボケを正常化させる効果にもアントシアニンの働きによるものです。
目の疲労感やピント調整機能の衰えは、毛様体筋という筋肉が関係しています。

毛様体筋の図私たちは、水晶体の厚さを調節することによって、遠くにピントを合わせたり、近くに合わせたりしています。

例えば遠くを見る時は、毛様体筋が水晶体を引き上げるので、水晶体が薄く平べったくなります。

また、近くを見る時は、毛様体筋が引き下げるので、水晶体が厚くなり、ピントを合わせて視界を保っています。

この毛様体筋が、目の疲労によって、凝り固まってしまうので、ピントが合わなくなって見えづらくなるのです。

この目のトラブルは、アントシアニンが毛様体に働きかけて、凝り固まった筋肉をやわらげて、調節機能の改善をします。

そして、更に、アントシアニンは優れた働きをするのです。

アントシアニンの抗酸化作用

アントシアニンの抗酸化作用アントシアニンはポリフェノールの一種なので、酸化をくい止める、抗酸化作用があります。

ポリフェノールと言うものは、植物の天然色素、そのもので、紫外線やウイルスなどから、体への悪い攻撃を防御する働きがあり、自然に、外敵から身を守るように備わったものです。

この、自然の防御パワーが私たちにとって、有益なのです。
それは、老化や病気の原因の、ほとんどが、酸化によって起こるからです。

つまり、酸化することによって、細胞が破壊されて、組織が死滅したり、バランスを崩したりして、老化、そして、病気へと発展します。

これを、助ける役目をするのが、アントシアニンの持つ、ポリフェノールの抗酸化作用です。

ブルーベリーやビルベリーの表面の皮の部分にある、紫色の色素がアントシアニンであり、これが、私たちの体の酸化を防いでくれるのです。

ドライアイとアントシアニンの関係

ドライアイドライアイと言えば、長時間パソコンを使って仕事をしている方に多いようですね。

実は、オフィスワーカーの3人に1人は、ドライアイに悩んでいるそうです。

それで、この、ドライアイは、涙と密接な関係をもっています。

涙は、主に、悲しい時など、感情によって出るもですが、もう一つの役割を持っているのです。

それは、目を守っているバリアのような働きをしています。
目が乾燥しないように、涙でバックアップしたり、栄養を与えたりもしていると言うことです。

パソコンなど、長時間同じところを見続けていると、眼球や目の周りの筋肉を動かさないので、血行が悪くなって、凝り固まってしまいますが、涙が分泌することによって、正常に戻ります。

でも、あまりにも長時間に渡って一点を見続けていたり、まばたきの回数が少ない、長時間コンタクトレンスを使用、そして、加齢やストレスなどの影響もあり、涙の分泌が少なくなるとドライアイになります。

そこで、アントシアニンの働きは、眼の周囲にある抹消血管の血液の流れを良くする作用により、目の周りの筋肉のコリを改善させ、涙の分泌量を適切な量にするように働きかけるのです。

このように、ドライアイに効率よく働く、アントシアニンは優れものです。

↓やわたのブルーベリー詳細と購入は下記です。↓
【468×60】八幡物産株式会社/北の国から届いたブルーベリー

↓当サイト内の目の関連ブログはこちら↓

船越英一郎サプリのビルベリー – 北の国から届いたブルーベリーとは?
 

やわたのブルーベリー 効果は眼精疲労

Pocket