Pocket

血糖値の高い方に飲んでいただきたいのが、フィットライフコーヒーです。

血糖値を下げる働きがあると言う、検証を行い消費者庁が許可した、トクホ(特定保険用食品)です。

この、フィットライフコーヒーは、生活環境を整える効果を目指します。

フィットライフコーヒー

  • まさか・・健康診断で異常な数値が・・
  • このままでは、糖尿病の予備軍に・・
  • すぐにでも、食生活や運動、ストレスなど、生活習慣を改めなければならない!
  • では、何から始めなければならない
  • その中で、簡単で長続きするものは?

それは、トクホのコーヒーのフィットライフコーヒーです。
ただ、コーヒーを飲むだけです。

フィットライフコーヒーは、血糖値の対策を目的に作られたコーヒーなのです。
フィットライフコーヒーは発売開始して、15年間、ロングセラーを保持し累計7800万杯を突破した優れたコーヒーです。

↓フィットライフコーヒーの540円公式販売サイトはこちら↓

フィットライフコーヒーの効果とは?

フィットライフコーヒーの発売元は、京都が本拠地で、創業30年以上の歴史がある、株式会社ミル総本社です。

ミル総本社では、フィットライフコーヒーや、健康食品、無添加の基礎化粧品などを販売していて、自然派志向の会社です。

そして、血糖値を下げる働きがあると言う、フィットライフコーヒーの効果ですが、ニュースでも取り上げられました。
その効果は、臨床実験で確認されたのです。

臨床検査のグラフ

実験では、フィットライフコーヒーを飲みながら、糖分である、あんぱんを食べると言うものです。

それによると、被保険者24名、平均年齢47.3歳で行い、普通のコーヒーとフィットライフコーヒーと共にアンパンを食べて、120分にわたり血糖値を測定した結果、明らかに血糖値の下降が見られました。

これは、糖の吸収を和らげる「難消化性デキストリン」と言う成分がフィットライフコーヒーに含まれているからです。

このことが、認められて、フィットライフコーヒーはトクホになったと言うことです。

また、飲んでみると、意外と美味しいコーヒーです。
これだったら、毎日飲んでも飽きがこないコーヒーだと感じるでしょう。
アンケートでは、93%の人が美味しい・・又は普通と答えていらっしゃいます。

難消化性デキストリン

難消化性デキストリン

食事に含まれている糖の吸収をおだやかに抑える「難消化性デキストリン」ですが、原料は、とうもろこしに含まれている水溶性の食物繊維です。

水溶性の食物繊維は、水に溶けやすく、胃で溶けにくい性質があります。
胃の中で、食べたものを包み込んで、糖質やコレステロール、塩分などを体の中に吸収させない働きをします。

よって、肥満や血糖、血圧など、気になる方には優れた成分です。
フィットライフコーヒーは、1袋(1杯)に6.7gの食物繊維が含まれています。

これを、レタスで換算すると、約2個分になります。

その他の食材では・・・
ナスでは、3個分、胡瓜では6個分、トマトでは4.2個分、そして、玄米で言うと、茶碗で約4杯分に匹敵します。

これを、毎日摂ると、血糖値対策だけではなく、腸内環境を整える効果も期待出来ます。
血糖値が気になりだしたら、難消化性デキストリンが主成分のフィットライフコーヒーをお試し下さい。

↓フィットライフコーヒーの初回限定キャンペーンはコチラ。↓

Pocket