Pocket

sarashira

血糖値が高い方が飲んでいるサプリメントですが、田七人参配合の白井田七、そして、血糖値対策サプリで、新成分で初のトクホ(特定保健用食品)認定のサラシア100です。

この、2つのサプリが評判を呼んでいますが、どっちがいいのか、選ぶとなると迷ってしまいますよね。

そこで、白井田七とサラシア100の違いを分かりやすくレポートしました。

この違いを把握することで、自分に合っているのは、「これ!」ということで、迷うことはありません。

では、まず、サラシア100と白井田七の成分の違いからお話ししますね。

サラシア100と白井田七の成分

サラシアの木

サラシア100は、サラシアという熱帯地方に自生している植物が原料です。

そして、サラシアには、ネオコタラノールという成分が、余分な糖質を体外へ排出する効果で血糖値を穏やかに下げるという仕組みです。

白井田七の成分は、田七人参という和漢系サプリメントで、使っている原料は中国雲南省の高地地帯に自生している植物です。

その、田七人参には、サポニンが多く含まれていることと、パナキサトリオールという成分、これが、血糖値対策になると言うことです。

田七人参

このように、サラシア100と白井田七の成分はどちらも、植物から抽出した成分を用いて高血糖対策をします。

つまり、使っている原料の違いが、サラシアとサポニンということになります。

では、次に更に詳しく説明します。

サラシア100は、機能性表示食品(トクホ)商品

トクホのサラシア100

サラシア100は、2015年に機能性表示食品(トクホ)の認定を受けています。

しかも、血糖値を穏やかに下げるサラシアのネオコタラノール効果で初の機能性表示食品(トクホ)ということです。

機能性表示食品での、サラシア100は、血糖値を下げる機能があると表示出来る商品なので、効果や安全性については、科学的に証明されています。

つまり、その商品の有効性や安全性の審査を受けていると言うことです。
よって、「このサプリ、本当に血糖値を下げることが出来るの?」

など・・疑う必要が無く、安心して飲むことが出来る商品です。

但し、サラシア100は、機能性表示食品であっても、全ての人に効果があるものではありません。
医薬品でもそうですが、その人の個人差があるので、全ての人に効果を発揮するとは言えないのです。

でも、他の血糖値対策商品と比べると、トクホ商品と言うだけで疑いことはありません。

これが、サラシア100の強みであって、製造・販売は小林製薬です。
小林製薬は、よくテレビCMで見かける企業なので、安心出来ますね。

サラシア100の糖質抑制効果

食後血糖値のグラフ

サラシア100の糖対策は糖をブロックすることで、食後の血糖値を抑えます。

空腹時の血糖値が正常であっても、食後に上昇する血糖値が高い・・・これが、隠れ糖尿病なのです。

これは、健康診断を受けると空腹時の血糖値だけで判断するので、見逃しやすいことから、隠れ糖尿病と呼ばれるようになったのです。

最近では、HbA1c(ヘモグロビンA1c)と言って、血中ヘモグロビンで糖に結合しているパーセンテージが6.5%以下であれば正常、6.5%を超えると、高血糖と判断されますので、隠れ糖尿病は減りつつあります。

それで、食事をすると、血糖値は上昇します。
これは、食事で糖を摂ると、腸で吸収されて、血液に入リ込むからです。

この状態で、血糖値が上昇しますが、インスリンが分泌されて、筋肉や肝臓へ取り込まれてエネルギー変換されます。

これが、正常な人の機能で食後2時間もすれば、血糖値は下がり、140mg/dLぐらい、または、それ以下になります。

でも、食後血糖値が下がること無く、高いまま続くことが、食後高血糖(糖尿病予備軍)なのです。

サラシア100の効果は、先ほどの糖を摂って、腸で分解される前にブロックするという仕組みです。

これによって、腸内に糖が残った状態が続き、やがて排泄されるので、血糖が上がること無く、インスリンの分泌もしないので、血糖値の上昇を防ぐことが出来るのです。

これについては、当サイトの「サラシア100の成分と効果」にも詳しく述べています。

白井田七の効果はパナキサトリオール

白井田七は和漢系サプリ

 

白井田七は糖を筋肉へ取込む効果で血糖値対策をします。
まず、白井田七サプリの主成分は田七人参です。

この、田七人参に含まれているサポニンやパナキサトリオールという成分が血糖値をサポートするということです。

田七人参には、サポニンの含有量は、高麗人参の7倍に匹敵すると言われています。

この、サポニンは、血糖値対策はもちろん、コレステロール値を下げる、血流を改善、免疫力強化など、さまざま働きを持っています。

そして、パナキサトリオールという成分ですが、糖を筋肉へ取込む働きを持っていて、これが、血糖値の上昇を抑える働きをするそうです。

まず、高血糖の原因の1つは、筋肉で糖を代謝するパワーが低下することです。
筋肉は、糖の消費を70%近く行っています。

つまり、筋肉に糖を取込むことでエネルギーに変換して燃焼させます。
これが、糖代謝ですが、糖を取込みが低下すると、当然の事ですが、血糖値が上がります。

そこで、田七人参に含まれている、パナキサトリオールという成分が効率よく糖を筋肉に取込むように作用するということです。

この作用の実験は、マウスで実施されていて実証されています。
更に、ヒトでの空腹時血糖の低減についても、パナキサトリオールの効果が認められています。

白井田七のサポニン効果

快適な表情の女性

サポニンは巡り成分と呼ばれていますが、白井田七には、フラボノイド、ギャバなどが含まれています。

これらのたっぷり成分が人気を呼んでいますが、女性に嬉しい亜鉛、葉酸、ビタミン、カロチンが含まれている点も評価されています。

白井田七は、血糖値も気になる、でも、血糖値だけではなく、コレステロール値や更年期対策もしなければという女性に選ばれているということです。

そして、原料は輸入ではなく、日本の有機農業で手間暇掛けて作られている・・・100%オーガニックな点も評判ですね。

白井田七は栄養がぎっしりと言うこと、つまり、血糖値対策にプラスされた和漢系サプリメントです。

サラシア100と白井田七の比較

サプリの説明をする女性

サラシア100と白井田七の比較は下記、表にしましたので、お値段を含めて、自分に合ったサプリを選んで頂ければと思います。

そして、この2つの公式通販サイトを見比べてみると、明らかに違いがあります。

小林製薬のサラシア100は、機能性表示食品だけあって、血糖値対策に特化した内容に対して、白井田七は、具体的な効果・効能の表現は見当たりません。

つまり、一般的な生活習慣の対策に留まっています。
これは、認可を受けてないので表記出来ない理由があるからですが、白井田七は、かなり評価されたサプリメントです。

サラシア100
白井田七
成分サラシア(ネオコタラノール)田七人参(サポニン、パナキサトリオール他)
仕組み糖を抑制して、食後血糖値を抑える糖を効率よく筋肉へ取込む
評価機能性表示食品(トクホ)日本JAS認証・ドイツ国際有機認証
飲み方食前1粒、1日3回1日4〜8粒
税込通常価格4536円12960円
定期コース初回:2268円、2回以降:3991円初回:3980円、2回以降:5184円

↓白井田七の公式販売サイト↓

↓血糖値サプリ関連記事↓

サラシア100 小林製薬の血糖値サプリ

サラシア100の口コミを調査した。

サラシア100 最安値情報と効果について

メタバリアs 糖尿病との関係

フィットライフコーヒー 効果は血糖値を下げる

糖ダウン 最安値の販売店を調査

白井田七の効果は糖尿病!

Pocket