Pocket

イヌリンサプリで血糖値を下げる!」というテーマで進めて行きますが、まず、イヌリンはご存知でしょうか?

イヌリンといえば菊芋やごぼうに含まれている多糖類の一種で水溶性食物繊維です。

この多糖類のイヌリンが、気になる血糖値を下げる効果があるということで話題になっています。

そして、その話題になった発端は「ためしてガッテン」という、NHK のテレビ番組で取り上げられたからだと思いますが、糖尿病食として最も適している食材ではないかと思います。

血糖値が高い・・これは不安ですね。
放置していると、やがて糖尿病と言う病気になります。

糖尿病になると怖いのは合併症に発展することです。
それは、糖尿病網膜症や糖尿病腎症、 そして脳卒中や心筋梗塞など、大病を患うことになってしまいます。

このような病気に発展する前に血糖値を常に安定させなければなりません。
それには、食事の改善や積極的な運動を行って、体の機能を正常化することが必要です。

そこでオススメなのが、 毎日の食事の補助役としてイヌリンサプリが威力を発揮するのです。
今回はこの、イヌリンサプリに関して有益な情報をお知らせします。

なぜ、イヌリンが血糖値を下げることができるのか?

血糖値を下げるサプリメントはたくさんあります。

難消化性デキストリンやサラシアエキス、 5-アミノレブリン酸リン酸塩の糖ダウン、そして、植物性インスリン配合のグラシトールなどですが、 イヌリンはこれらとは違って腸内環境を良くして血糖値をコントロールします。

つまり、腸内環境を整えることによってインスリンの分泌を正常化させるという狙いがイヌリンの仕組みなのです。

腸のインスリンスイッチ

ということは腸内にインスリンを分泌させるスイッチがあるということになります。

このスイッチを作動しないので、インスリンの分泌がうまくいかなくなり、血糖値を上げてしまう結果になっているのです。

イヌリンを補給することによって、腸内環境を整え、腸にあるインスリンスイッチを正常化させることによって、血糖値を下げるということです。

この仕組みは理にかなっていると思いますね。

というのは、食事をすると胃に入り、腸で吸収された時に、初めて血液にブドウ糖が入り込み血糖が上がりますが、その前に腸のスイッチが入り腎臓からのインスリンの分泌が行われ、食後の高血糖に対処するということです。

でも、何らかの原因でインスリンが正常に分泌されないとか、分泌されるタイミングが遅れるなどは、腸のスイッチがうまく作動しない、または、低下しているということになります。

これを改善させる目的で作られたのがイヌリンサプリなのです。

イヌリンはどのような作用で腸のインスリン分泌スイッチを改善させるのか?

イヌリンの腸内での働き図

イヌリンは水分を吸収することによってゲル状になり、食べたものを緩やかに移動させる働きをします。

これが、 糖の吸収速度を緩やかにし、食後の血糖値を急激に上げさせない働きにつなげるのです。

食後の血糖値が急に上がると、インスリンを使い過ぎるということになり、長く続くと、インスリン抵抗性が発生します。

よって、急激に、血糖値が上がらなければ、インスリンもスムーズに分泌することができるということです。

さらに、イヌリンの役目は腸内環境を整えて、インスリン分泌を正常化させることです。
これには、腸を改善する働きになりますが、腸内に善玉菌を増やして増殖させなければなりません。

そのために、イヌリンは腸に届くまでは分解されることなくそのまま大腸に達します。

そして、 不要な糖や老廃物を排出させる働きをしますが、フルクトオリゴ糖というものに変化することが イヌリンの最も優れた働きになります。

これについては前回のブログ記事で「イヌリンとイヌラーゼ酵素が善玉菌を元気にさせる」で書きましたが、善玉菌のエサとなって増殖を促進させるという働きをします。

これにより腸内環境は善玉菌優勢に傾き、腸が元気になると言うことです。

腸内環境を整えれば、当然、インスリンスイッチも改善され、血糖値の上がる前のジャストタイミングでインスリンの分泌を促すスイッチが働きます。

このようなメカニズムで腸のインスリン分泌スイッチを改善させるのです。

ルックルックイヌリンプラスがおすすめする理由

ルックルックイヌリンサプリ

菊芋やごぼうに含まれているイヌリンを積極的にとれば、腸内のインスリンスイッチの改善ができるということですが、 毎日のように菊芋やごぼうを食べるって言うことは、物理的に不可能だと思います。

そのために、サプリメントが存在しますが、そのサプリメントでお勧めするのが、「ルックルックイヌリンプラス」です。

ではなぜ、ルックルックイヌリンプラスがおすすめなのか?
その理由についてお話ししますが、ルックルックイヌリンプラスが優れている点は「糖尿病食に準じた材料」をもとにして作られたものなのです。

植物繊維が多く含まれている

46000mgの食物繊維含有

ルックルックイヌリンは一袋に46000mgの植物繊維が含まれています。
これを30日で割って、1日の含有量を単純計算すると、約1533mgになります。

この植物繊維の含有量は低糖サプリ業界では、トップクラスで多い数字になります。
もちろん、他社と比較してもこれほど多く含まれているサプリメントは今の段階では存在しないのです。

そして、ルックルックイヌリンプラスは、菊芋に含まれてるイヌリンを使用しており、 これが先ほど述べたように 体内でゼリー状になって、余分な糖を腸内から追い出したり、糖の吸収速度を遅らせたりして、最終的に善玉菌のエサになります。

さらに、糖が気になる人が積極的に摂りたい食材ランキングの1位から3位の食材も含まれています。

糖が気になる人が積極的に摂りたい食材ランキング ベスト3が入っている

糖対策の食材ベスト3

血糖値が高いので積極的に摂りたい食材といえば、1位:玉ねぎ、2位:納豆、そして3位:ヨーグルトです。
ルックルックイヌリンプラスは、このベスト3の食材も含まれています。

納豆やヨーグルトは発酵食品なので、腸内環境を良くすることはわかりますが、玉ねぎの効果については、血糖値を下げやすくする食材として大豆や納豆と同じようにランクインされています。

そして、玉ねぎの独特なニオイ成分(アリイン)がありますが、これにはイオン化合物が含まれていて、インスリンの分泌を高める働きをするそうです。

さらに、辛味成分はブドウ糖の消費を促進させます。

玉ねぎといえばケセルチンというポリフェノールの一種が抗酸化作用をもたらすということで話題になっていますが、それだけではなく、アリインやビタミン類などが多く含まれている優れものなのです。

ルックルックでは、これらの玉ねぎ成分を効率良く体に作用させるために、特殊製法(特許製法)で抽出して います。

ルックルックイヌリンプラスは、これらの素材成分と、さらにサラシアと桑葉が含まれています。

サラシアと桑葉

サラシアと桑の葉エキス

糖をブロックするという、サラシアサプリメントは多く売られていますね。
その理由は、 糖の吸収を妨げる体内酵素であるα-グルコシターゼを阻害するからです。

私たちは、炭水化物などを食べると、糖質は唾液によって二糖類に分解されます。
そしてさらに、十二指腸や腸で単糖に分解されますが、 その時に分解するのがα-グルコシターゼという酵素です。

サラシアは、このα-グルコシターゼの単糖分解を妨げる働きをするので、糖を体内に吸収させない・・・つまり、食後の血糖値を上げさせないという働きをします。

このサラシアは、インドやスリランカなどの植物で 、天然の糖吸収抑制素材と呼ばれています。

そして桑葉(そうよう)は、桑の葉のエキスですが、古くから漢方で使っている素材で、これも食後の血糖値の上昇を抑えたり高血圧や中性脂肪を下げる働きをします。

ルックルックイヌリンプラス6粒で30億個のビフィズス菌が摂れる

6粒で30億個のビフィズス菌

腸内環境を整えるといえばビフィズス菌ですが、これもルックルックイヌリンプラスに含まれています。

ルックルックイヌリンプラス6粒で30億個のビフィズス菌が摂れると言うことですが、ビフィズス菌は悪玉菌に対抗する菌として有名ですね。

でも、これも年齢とともに減少していく菌のひとつです。
よってルックルックイヌリンプラスを飲むことによって、ビフィズス菌も体内補給できるという ことです。

↓ルックルックイヌリンプラスの詳細・購入は下記クリックで確認出来ます↓
ルックルックイヌリンプラス

↓当ブログの血糖値関係記事はこちら↓

メタバリアs 糖尿病との関係

フィットライフコーヒー 効果は血糖値を下げる

糖ダウン 最安値の販売店を調査

白井田七の効果は糖尿病!

サラシア100と白井田七 違いは何?

菊芋で痩せる! 2017年に注目された簡単ダイエット法!

Pocket