Pocket

チワワからのメッセージ

わんこも人間と同じように、病気にかかったりします。
そして、 気になるのがアレルギーですね。

アレルギーは私たちと同じような症状が見られますが、犬の場合は皮膚の疾患が多いようです。

特にチワワのような小さな犬は大型犬や中型犬よりもアレルギーにかかりやすいと言われています。

わんこが痒がっている様子を発見した場合は、すぐにでも改善策を考えてあげましょう。

アレルギーは、免疫系の異常が原因で発症しますが、主に食材というか・・ドッグフードが原因だそうで、その割合は40%もあると言われています。

ドッグフードは一般的な犬を対象にして作られていますが、何よりも売れることを目的としているので、「食いつきが良い」ということを最優先に考えて作られています。

なので、犬によって善し悪しがあります。
これも、小さな犬にとって不利になることが考えられます。

ということで今回は、小さなわんこ・・・チワワのアレルギー対策について述べていきたいと思います。

なぜ、チワワがアレルギーにかかりやすいの?

穀物過剰のドッグフード

チワワは小さなわんこですが、内臓の消化器官にも問題があるようです。
つまり、市販のドッグフードは消化しづらいということです。

特に、繊維の多い、とうもろこしなどは、粉々にして入っていますが、 とうもろこしの芯の部分は粉にしてあっても小さなチワワには消化させるのに時間がかかったり、消化しないことがあります。

この、消化不良がアレルギーへと導くのです。
つまり、穀物アレルギーを引き起こすということです。

消化不良が腸内環境を悪化させ、免疫力を低下させることによってアレルギー症状が現れるという仕組みです。

もちろん、穀物アレルギーだけではなく、肉類や大豆、卵などでも、その子によってアレルギーを引き起こす場合があります。

でも、概ね、チワワがアレルギー症状を引き起こすのは、消化不良によるものが多いということです。

犬康食ワンをドッグフードに混ぜて食べさせた。

私の愛犬、2歳になるチワワですが、 冒頭で述べたように皮膚アレルギーです。

それを知ったのは、昨年ですが、ちょうど今頃と同じ季節・・・少しあったかくなって季節が変わる時期ですね。

体が痒いのか、懸命にお腹に口を押し付けたり、散歩の時など地面にお腹を摺り寄せるようにしているのを見つけたのです。

そして、お腹のあたりを見てみると皮膚が湿っぽくなっていて、体臭がちょっとキツイように思いました。

もちろん、痒いせいかお腹を少し甘咬みしているので、毛が抜けだしています。

この変な様子を察知して、かかりつけの獣医に相談した結果、アレルギーだと診断されたのですが、薬で治すことが可能だということで薬を飲ませることにしました。

ところが、薬は一時的に症状を軽くするだけのもので、ずっと飲ませないと再発します。

また、どのような薬なのか調べてみると、ステロイド系だったので、ちょっと怖くなって飲ませるのをやめました。

そこで見つけたのが、犬康食ワンプレミアムという漢方のサプリメントです。

プレミアムを1粒入れるだけ

この、犬康食をドッグフードに混ぜるだけでサプリメント補給ができるというものですが、チワワは小型犬(体重5kg以内)なので、1日の目安は1粒で十分です。

そして、約1ヶ月を過ぎた頃、体調が良くなったのか、以前と比べて、痒がる様子も少なくなったのです。

これは明らかに犬康食ワンの効果だと思い、あれからずっと飲ませています。
その結果、私のわんこは、健康を取り戻しました。

お腹のぶつぶつも消え、毛も以前よりも艶が出てきたように感じています。

犬康食ワンを選んだ理由はプロバイオティクスが含まれているから

プロバイオテックス

私が犬康食ワンを選んだ理由は、腸内環境を整えるプロバイオティクスが含まれているからです。

プロバイオティクスとは、有胞子性乳酸菌といって、有胞子に包まれた乳酸菌のことです。

つまり、中身の乳酸菌は胃酸や胆汁、そして熱などから守るために殻をかぶった乳酸菌なのです。

よって、目的地の腸に届くまで被害を受けることなく、そのまま腸内で活躍することができます。

そして何よりも、腸内環境を整えますが、腸内のPHを弱酸性に保つ働きをして善玉菌を活発にさせ、悪玉菌の繁殖を抑制します。

これによって、善玉菌が優勢になり免疫力を強化させると言う仕組みなのです。

当然、わんこのアレルギーの症状も免疫力強化によって改善されることに期待できます。
さらに、犬康食ワンには、霊芝が含まれているので免疫力強化にダブルの働きをします。

霊芝のアレルギー対策は強力

霊芝の免疫サポート

霊芝は免疫力を強化する漢方だということはご存知だと思いますが、この免疫強化がほとんどのアレルギーに対応します。

というのは、 アレルギーは特定されたアレルゲン(アレルギーを引き起こす抗源物質)があって発症します。

つまり、先ほどの穀物アレルギーや花粉アレルギーなど、アレルギーの種類というか、型があります。

その型は、Ⅰ型アレルギーからⅤ型アレルギーまで存在しますが、普通はアレルゲンが何かということを特定しなければ対策をすることができないのです。

例えば、私はスギ花粉アレルギーなので、それに特化した処方薬を飲むということです。

よって、検査を行わなければアレルギンを特定できないということです。

そこで、霊芝ですが、Ⅰ型アレルギーからⅤ型アレルギーまで、全てのアレルギー症状に対応する優れものなのです。

もちろん、動物病院でアレルギーの検査を行なっていますが、この検査は結構高額な費用がかかります。

また、一回のアレルギー検査で、すべてがわかるものではなく、何度か行うことによって大まかに特定できるというレベルのようです。

そのアレルギー検査で、うちのわんこは穀物アレルギーと特定された場合、穀物を含んでいるドッグフードを食べさせないということになりますが、複数のアレルギーの可能性を持っていれば、何を食べさせれば良いのかわからなくなります。

その点、全てのアレルギーに働きかける霊芝が含んでいる犬康食ワンはおすすめですね。

犬康食ワンの初回購入は2570円

犬康食の価格

犬康食ワンには先ほどの霊芝の他、田七人参やエゾウコギエキスが含まれていますが、この二つも免疫力に働きかけます。

詳しくは、 「犬用サプリ「犬康食ワン」は漢方で長生きさせる」をご覧になってください。

犬康食ワンは15年間で7万頭以上のワンちゃんが利用されているということなので、 ベストセラーということです。

売れてるということは、 安全・安心につながります。
初めて購入される方は送料無料・税込で2570円で購入できます。

そしてさらに10日分のプレゼントがついてくるので、30粒+10粒=40粒
よって、1粒あたり64円の出費になります。

この値段であったら、無添加のドッグフードを買うよりもかなりお得です。
ご興味のある方は、このページの最後に公式通販サイトへのリンクを置いておりますので、クリックしてご覧下さい。
では、次に犬康食ワン プレミアムの基本情報です。

犬康食ワン プレミアムの基本情報

<ペット用サプリメント>
【内容量】300mgx30粒
【与え方】犬、猫共に、体重5kgにつき1日1粒を目安として与えてください。
【賞味期限】製造日から2年
【原材料/1粒中】
田七人参末
霊芝エキス末
麦芽糖
チーズパウダー
(デキストリン、チーズ、バター)
エゾウコギエキス末
有胞子性乳酸菌
甘草エキス末
結晶セルロース
酸化ケイ素
甘味料(ステビア)
グリセリン脂肪酸エステル
シェラック
(原材料の一部に乳を含む)
【原産国】日本

↓犬康食ワンの詳細と購入はこちら↓

↓犬康食ワン関連記事はこちら↓

犬用サプリ「犬康食ワン」は漢方で長生きさせる

犬康食ワン 副作用は大丈夫?

犬康食ワン プレミアムの効果

ワンプレミアムは老犬を元気にさせるペットサプリ

犬康食(けんこうしょく)ワンの口コミ

Pocket